膀胱がんになりやすい最も重要な3つの原因…

膀胱がんになりやすい最も重要な3つの原因…

普段の生活をしていると、風邪や怪我などで病院にお世話になることはあるでしょう。それでも基本的には人間が本来持っている自己治癒能力に頼るのが、治すのに一番の方法だと言われています。

そんな中、がんという病気は少し特殊で、ウイルスなどは無関係で遺伝子情報の異常によって細胞が無数に作られていくことによって起こる病気になります。病院でもお手上げの場合が多くとても難しいのです。

そこで今回は膀胱がんが発生する原因について調べていきたいと思います。

 

喫煙者は発生率が4倍に増える

膀胱がんになりやすい最も重要な3つの原因…

たばこを吸う人は、吸わない人に比べて呼吸器系の疾患になりやすいことがデータとして報告されています。中でも肺がんを患う場合がとても多く、その数は顕著に推移しているので確実な証拠だと言われています。

肺などはイメージはつくとしても、膀胱はたばことあまり関係ないようにも思えますね。

しかしたばこに含まれる発がん性物質は体内に彷徨いながら膀胱に付着していきます。尿として外に出るものもあれば内部にこびりつくものもあります。

スポンサーリンク


すぐには変化はしませんが時間が経過するにつれて、細胞の遺伝子を変位させて様々な悪影響を及ぼすのではないかと言われているのです。

そのため喫煙者は非喫煙者に比べてこのがんになる人が4倍に増えているという結果が出ているのです。あまり関係ないところであっても、たばこの勢力は迫っていることが分かる証拠ですから、あまり吸わないほうが良いでしょうね。

 

特定の薬物でも発症する危険性が

膀胱がんになりやすい最も重要な3つの原因…

このがんの原因としてたばこ以外を挙げるとすると、特定薬物です。代表的なのは精神安定剤(クロルプロマジン)・解熱鎮痛薬(フェナセチン)・抗がん剤(シクロフォスファミド)などです。

これらの特定の薬物は膀胱がんを誘発すると考えられており、実際に服用している人は、多い傾向にあると言われています。

スポンサーリンク


また日本においては、以前は塗装業者や印刷業者の従業員に膀胱がん患者が多いという症例が報告されており、原因を究明した結果、塗料に含まれる化学物質ががんを誘発させるということで問題になったこともありました。

現在では禁止香料として使うことはダメですが、それでも化学物質に触れる機会が多い人は、このがんの発症率が高いということが言われています。

こうした原因に気をつけることで、幾分かは防ぐことができるでしょう。

 

結石ができている人も注意

膀胱がんになりやすい最も重要な3つの原因…

膀胱がんの原因として結石が内部に出来ている場合には注意が必要です。外に排出されるわけではなく内部で長期間刺激を与えていることにより、細胞ががん化して発生率が高くなるのではないかと指摘があります。

確実なことはいえませんが、そういった危険性があると言われているのです。

このがんでは、様々な要因によって発生すると考えられていますが、今のところはっきりとした原因が分かっているのはタバコと薬物ぐらいです。これも何故そうなるのかという部分まではハッキリとしていないのが現状で、まだまだ謎だらけなのです。

 

引き続き、「ガンの症状・原因」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

膀胱がんになりやすい最も重要な3つの原因… がん検査キット!自宅で簡単にガン検査しよう