膀胱がんが再発しないように防止する方法!膀胱がんの予防法とは?

膀胱がんが再発しないように防止する方法!膀胱がんの予防法とは?

風邪などは一旦ウイルスをやっつければそれに対しての免疫がつくので、あまり風邪を引かなくなります。

それだけ強くなることを意味していますし、インフルエンザでも同様のことが言えます。

ところが、がんは特別に再発する可能性が残っているのです。

実は繁殖力がとてつもないスピードなので、目に見えないほど小さな腫瘍であったとしてもあっという間に増殖してしまいます。

一見完治したように見せても、実は意外と残っていたりするのです。

では膀胱がんはどのような、再発経緯を辿ることになるのでしょうか?

今回は、膀胱がんが再発しないように防止する方法と予防法についてご紹介していきます。

 

膀胱がんが再発しやすい理由とは?

膀胱がんが再発しないように防止する方法!膀胱がんの予防法とは?

膀胱がん患者の70%が、がんが粘膜の浅い部分に留まっている表在がん(乳頭)になります。

この場所では悪性度が低く、転移なども起こりにくいのですが、再発率はとても高く、約60%だと言われています。

特に経尿道的腫瘍切除術(内視鏡療法)を受けた場合には、術後2年以内の間に約70%ぐらいの患者が再発すると考えられています。

スポンサーリンク


この様な状態になってしまうと、初期に比べて進行が早くなり、治療するのが大変になるので、この部分が難しいところでもあるのです。

 

再発が起こる原因は膀胱がんの進み具合とは関係ある?

膀胱がんが再発しないように防止する方法!膀胱がんの予防法とは?

膀胱がんの再発が起こる原因は、摘出したときに全てだと思っていたら、小さな残り物があったということになります。

この場合には再び発症することが考えられるのです。

そのため病気の進む具合によって、どうなるかというのは別の話になりますので、あまり関係はありません。

スポンサーリンク


そもそもステージⅢなどになれば、病気の進行によって治療するのが困難になりますので、摘出すらできず、そして完治がほとんど無理ということになります。

ということはこれに関して心配になるのは、ステージⅠのように比較的安全に摘出できる場合にのみ適応することができます。

 

膀胱がんを防止するための方法とは?

膀胱がんが再発しないように防止する方法!膀胱がんの予防法とは?

がんの再度発生を防ぐには、どのような方法を用いるのが最適なのでしょうか?

上記でも記したように、目に見えないほど小さな腫瘍であったとしても、増殖を繰り返すほどのエネルギーを持っていますから、自分で防ぐということは無理です。

薬で抑えるということもできますが、あまり効果を実感している人は少ないと言われていますので、あまり現実的ではありません。

そのため術後であっても定期的に検査を受けるというのが、現在できる最善の方法になります。

 

膀胱がんの再発を見つけた時点で必ず医師と相談しよう

膀胱がんが再発しないように防止する方法!膀胱がんの予防法とは?
膀胱がんの検査をしたからといって、治療することはできません。

再度発生したがんは初期に比べて進行スピードが早い傾向にあるので、治療が難しくなるケースもあるのです。

そうなってからでは再びの行動が遅くなりますから、できるだけ存在を知った時点で医師と一緒にどのように向き合うのかを決めていきます。

このように膀胱がんは再度発生する可能性が約70%だと言われています。

後に発生した膀胱がんは治療が難しいので、警戒をしておかなければなりません。

 

引き続き、「ガンの症状・原因」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

膀胱がんが再発しないように防止する方法!膀胱がんの予防法とは? がん検査キット!自宅で簡単にガン検査しよう