肺癌

肺がんの原因はタバコがトップ!タバコの危険度をチェックしよう!

投稿日:

肺がんの原因はタバコがトップ!タバコの危険度をチェックしよう!

「がん」という病気は、まだまだ解明されていないことが多いとされています。

どのように細胞が異常をきたして発生するのか、どのような治療が効果的なのかなどは研究段階であります。

そんな中、肺がんの発生に大きく関係しているものは特定されています。

それはタバコです。

スポンサーリンク


医学的にも統計的にも喫煙者のほうが非喫煙者にくらべて10倍以上もの発生確率になっています。

それはいったいどのような理由なのでしょうか?

今回は、肺がんの原因はタバコということと、タバコの危険度についてご紹介していきます。

 

タバコで肺がんになってしまうメカニズムとは?

肺がんの原因はタバコがトップ!タバコの危険度をチェックしよう!

タバコによって肺がんのリスクが高まる理由として、大きく2つを挙げることができます。

まずひとつめがタバコ自体に含まれている物質です。

これはタールやニコチンなどと表記されていますね。

これらが体内に取り込まれることによって、少しずつダメージを受けるというものですが、こちらはそこまで発生リスクを高めるものではありません。

一番関係してくるというのが、2つ目の体内に取り込まれることによって、不完全燃焼を引き起こして生じる化合物になります。

スポンサーリンク


これらの化合物は、数千種類以上にも及ぶといわれています。

ほとんどは肺胞によってキレイにされるので問題ないのですが、「ニトロソアニン類」「多環芳香族炭化水素化合物(たかんほうこうぞくたんかすいそかごうぶつ)」といった、数十種類の発がん性物質だけは残ることになります。

これらが体内に取り込まれることによって、後に酵素により活性化します。

これがNAと結合することで、遺伝子の変異を促す物質になると考えられており、非常に厄介です。

そしてこの遺伝子が「がん遺伝子」などに少しずつ蓄積されていき、この部分のがんを引き起こすとされているのです。

 

タバコの危険度を調べる為の方法とは?

肺がんの原因はタバコがトップ!タバコの危険度をチェックしよう!

肺がんになるかどうかが、タバコによるところが大きいことが分かりました。

では実際にどれくらい吸っていると、発生リスクというものは高まってくるのでしょうか?

普通に考えれば、1日1本と20本ではやはりリスクは違ってくるようにも思います。

そんな時に用いるのが喫煙指数と呼ばれるものです。

ブリンクマン指数とも呼ばれているものですが、喫煙がからだへ与える影響というものを調べる方法になります。この計算方法は非常に簡単で

「1日の喫煙本数×喫煙年数」

で導きだすことができます。この指数が600を超えるようですと、非喫煙者に比べて発生確率が20倍に上がるといわれています。

前項でも触れたように「がん遺伝子」などに少しずつ蓄積されてあるタイミングでがん化するので、どのくらいの年数吸っているかにもよって大きく変わってくるのです。

たとえば1日10本の人が60年吸えば600になりますし、40本吸う人は15年で600になります。

やはり、1日に吸う本数によってリスクは大きく変わってくることが分かりますね。

 

肺がんを防ぐにはタバコをやめるのが一番!

肺がんの原因はタバコがトップ!タバコの危険度をチェックしよう!
このように、肺がんになる可能性を高めるのは、タバコであることがハッキリしているのです。

非喫煙者でもタバコが発生させる煙を吸うことで、同じような影響が体内で引き起こされるという危険性もあります。

そのため、最近では公共施設では禁煙になり、レストランなどでも分煙になるなどの活動が盛んになっているのです。

煙草は百害あって一利なしといわれているように、吸っている方はすぐにでも禁煙することが望ましいといえるでしょう。

 

引き続き、「ガンの症状・原因」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

肺がんの原因はタバコがトップ!タバコの危険度をチェックしよう! がん検査キット!自宅で簡単にガン検査しよう

-肺癌

Copyright© 【癌】ガンの症状や原因まとめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.