皮膚がんの典型症状である【かゆみ】には注意しよう!

皮膚がんの典型症状である【かゆみ】には注意しよう!

高齢者は免疫力の低下や体内細胞の働きが弱まったりすることで、病気になりやすいと考えられています。

その中においても、分かりやすいのが皮膚がんです。典型的な症状である「かゆみ」はどんな時に発生するのかを調べてみました。

 

何も異常が無いのにかゆい場合は注意

皮膚がんの典型症状である【かゆみ】には注意しよう!

皮膚は内臓を写す鏡だといわれてきたように、全身性系統的疾患の部分症状として、皮膚にかゆみが発生することがあります。これを「皮膚掻痒症(ひふそうようしょう)」と呼び一種の病気として診断を受けます。

しかしこれ単体で発生するものではなく、内部に何かしらの異常が発生していることによるものです。

環境変化や老化という面でももちろん発生することはあります。たとえば、冬の乾燥した状態などですね。

スポンサーリンク


しかしこれが部分的なものでなく全身でも同じような症状がでた場合には肝臓病や腎臓病、糖尿病や悪性腫瘍などを考慮にいれるようにします。そう考えると確かに皮膚の異常は内部を表していると考えることができます。

高齢者にこのような症状が出て、それが長引くようでしたら内臓悪性腫瘍である可能性をまずは疑います。また悪性リンパ腫や白血病など血液系悪性腫瘍で、皮膚のかゆみが初期症状となる場合があることが知られています。

 

自覚症状が出ている時点で遅い

皮膚がんの典型症状である【かゆみ】には注意しよう!

皮膚がんの恐ろしいところは「自覚症状がほとんどない」というものです。

ほくろがかゆくて、かいたら黒い汁みたいなのが出てきたら病気がかなり進行している証拠になりますし、上記のようにかゆみということで自覚をするようになった時には、細胞がんが侵食して、転移をしている場合に発生することが多いのです。

スポンサーリンク


高齢者に比較的多い病気とは言われていますが、40歳を過ぎたら一度は検査を受けてもらい、早期発見できるように努めるのが最良の手と考えられています。

痒みが出た時点ですぐに疑うというのは難しいですが、2週間とも続くようでそれ以外に腰の痛みなどを引き起こした場合にはがんである可能性がますます高くなります。

 

自分での判断が難しい場合も

皮膚がんの典型症状である【かゆみ】には注意しよう!

かゆみは日常生活で常に起こりえることです。比較的簡単な要因で発生するものですから、それをいちいち悪性腫瘍のせいだと気にしていたら毎日がストレスになってしまい、別の病気を引き起こす可能性もあります。

あまり気にしなさすぎるのも、早期発見を遅らせてしまう可能性があるので、その中間を取るので難しいものです。

がんは早期発見が何よりも大切になりますから、そこを自分の中でしっかりと捉えておくことが大切になるので、自分にとっての方法というのを予め決めておくようにしてください。

それを上記で記したように「2週間も続く」ということを目安にしても大丈夫です。

何か判断材料を持っておかないと、皮膚がんの発見は難しいと考えられていますから、自分に合う方法というものを知っておいてください。それが結果的には早期発見に繋がります。簡単な症状でも放置しないことが大切です。

引き続き、「ガンの症状・原因」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

皮膚がんの典型症状である【かゆみ】には注意しよう! がん検査キット!自宅で簡単にガン検査しよう