胃がんと食事の関係には繋がりがあった!バランスの良い食事法とは?

胃がんと食事の関係には繋がりがあった!バランスの良い食事法とは?

胃がんは食生活と密接に関係していると言われています。

食事内容に気をつけることで、自分である程度のリスクを減らせるということですから、いかに毎日の食事が大事かが分かります。

では、どういった食生活を送ることができれば、がんになるリスクを減らすことができるのでしょうか?

そこで今回は、胃がんと食事の関係とバランスの良い食事についてご紹介していきます。

 

塩分の摂りすぎは胃がんの元になる理由とは?

胃がんと食事の関係には繋がりがあった!バランスの良い食事法とは?

日本の伝統的な料理である漬物や干物、味噌汁などは塩分がとても高い食品です。

これらを一度に大量に摂取することが、一番危険だと言われています。

というのも、大量の塩分を一度に摂りすぎると、胃壁を守っている粘膜が溶けてしまいます。

食べ物が体内に入ることで、分解される成分には発がん性物質も多く含まれており、溶けた粘膜から細胞に入り込み、変異を引き起こす可能性があるのです。

スポンサーリンク


ただ、それは1回の出来事でいきなり発生するのではなく、蓄積型といって少しずつ細胞に変化を与えていくものなので、長い年月続けることで引き起こされるのではないか?と言われています。

塩分を大量に取るような食生活は、日本人ならば多くの人がしていることかもしれません。

だからこそ胃がんが、日本人のがん死亡原因の2位としてランクインされているわけです。

塩分の高い食べ物ばかり摂取しすぎていないかどうかを考えて、適度な量に抑えるようにしておきましょう。

 

胃がんにならないための食事バランスのポイントとは?

胃がんと食事の関係には繋がりがあった!バランスの良い食事法とは?

胃がんを発生させないようにするには、バランスよく食べることが求められます。

中には肉や魚ばかりを食べるという人もいますが、これは決して良いとは言えません。

肉や魚には「アミン」という成分が含まれています。

これと野菜にある「亜硝酸」が体内で混ざることで「ニトロソアミン」という強力な発がん性物質が出来上がります。

スポンサーリンク


通常は強力な粘膜で覆われているので、細胞に付着することはできずに体外へ排出されるのですが、前項のように粘膜が弱くなっているときに、この状態が続くとかなり危険なものへと変化します。

ニトロソアミンを抑えてくれるのはビタミンCです。

果物や市販のドリンクなどを、定期的に摂取することで、この問題もある程度は解決してくれます。

またヨーグルトなどの乳製品に含まれている乳酸菌は、胃がんの原因とされているピロリ菌を退治してくれる効果があるので、なるべく食べるようにしましょう。

 

極端な生活を続けることが胃がんの危険性を高める!

胃がんと食事の関係には繋がりがあった!バランスの良い食事法とは?

これまで、胃がんになる可能性がある食事について触れていきました。

要は、極端に偏った食生活を続けることが、とても危険だということです。

野菜も肉も果物も乳製品も1日の中で、過剰摂取をせずにバランスよく食べることが、胃への負担を減らすことになるので、がんを防ぐことができます。

 

胃がんを防ぐには日常の食生活がとても重要!

胃がんと食事の関係には繋がりがあった!バランスの良い食事法とは?
胃がんを防ぐために食生活を気をつけたくても、普段の生活では、中々これを維持させることは難しいかもしれません。

しかしながら、そこをしっかりと改善することができれば、自分でがんになるリスクを減らすことができるので、ちょっとだけでも我慢をすることが大切です。

初期症状がほとんど無い分、敏感になっておくことが必要なのです。

 

引き続き、「ガンの症状・原因」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

胃がんと食事の関係には繋がりがあった!バランスの良い食事法とは? がん検査キット!自宅で簡単にガン検査しよう