胃がんの症状は早期発見が重要!病院に行く目安となる症状とは?

胃がんの症状は早期発見が重要!病院に行く目安となる症状とは?

「がん」は日本人にとって、密接に係わっていると言われている病気です。

死亡原因の1位として独走していることからも、専用の保険が登場し治療などを積極的に行われているのです。

そんな中でも恐ろしいと言われているのが胃がんです。

肺がんに次いで発生する頻度が高く、予後も悪いといわれています。

早期発見をするには、症状を見極めなければいけないのですが、どんな状態になったら怪しんだほうが良いのでしょうか?

そこで今回は、胃がんの症状を見分ける方法と病院に行く目安についてご紹介していきます。

 

胃がんの初期症状は自覚症状がない理由とは?

胃がんの症状は早期発見が重要!病院に行く目安となる症状とは?

胃がんの恐ろしさは進行速度などではありません。

手遅れになるほど浸潤が進まない限り、自覚症状が現れないというところに怖さが隠されていることをまずは覚えておきましょう。

がんは進行してしまうと完治することが難しくなります。

他臓器への遠隔転移が見られた場合には、末期として余命を宣告されるほどであり、そこをどのように改善していくかは、判断としては難しいでしょう。

スポンサーリンク


そのため早期発見というものが、何よりも大切になるのですが、胃がんはその初期症状がほとんど現れないので、自分で感じることができません。

ここに厄介な部分が隠されていますし、死亡原因としてトップに位置づけされているわけです。

 

日常の体調不良との違いがそれほどない?

胃がんの症状は早期発見が重要!病院に行く目安となる症状とは?

このがんは症状がほとんど現れないので、恐ろしいと記述しました。

しかし、それでも何かしらの悲鳴をあげていることは確かですので、些細なことですが次のような現象が考えられます。

まず漫然と続く胃の不快感や食欲不振です。

この臓器は繊細であり、内部は特殊な細胞と粘膜で覆われています。

そしてストレスにはとても弱く、すぐに炎症を起こして痛みを伴うことがあるほどです。

ところが、がん細胞はそうした粘膜や細胞などをじわりじわりと侵食して、腫瘍を作っていきます。

実はこの部分にミソがあり、炎症を引き起こすわけではないので、痛みというものを発生させないのです。

スポンサーリンク


しかし機能不全には陥りますから、胃の不快感や食欲不振というものが最初に発生します。

そして吐き気や貧血、ゲップが頻繁に出るなど、進行が進むにつれて違和感が多重して異変となり襲い掛かります。

ここまで来れば、見ている分には分かるように感じますが、当の本人としては「食べ過ぎたことが原因かな?」と違うことを理由とする傾向があり、これぐらいでは病院に行かないのが主です。

そしてどんどん悪い方向へ進んでしまうので、常に自分の健康状態をチェックしておくことが大切になります。

 

胃がんの症状が2週間改善されないなら病院へ行こう

胃がんの症状は早期発見が重要!病院に行く目安となる症状とは?

上記で記述した症状は胃がんでなくても、日常的に発生しやすいものです。

短期間で治まるのであれば特に問題は無いかもしれませんが、2週間以上続くようでしたらそれは異常です。

中々治らないのであれば、がんのことを少しは考えたほうが良いので、念のため病院に行くようにしましょう。

そうすることで早期発見に繋がり、手術で完治することができる可能性が高くなるでしょう。

 

引き続き、「ガンの症状・原因」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

胃がんの症状は早期発見が重要!病院に行く目安となる症状とは? がん検査キット!自宅で簡単にガン検査しよう