咽頭癌

咽頭がんの初期症状をすぐに見分けて早期発見しよう

投稿日:

咽頭がんの初期症状をすぐに見分けて早期発見しよう

声を出す、食事を摂る、呼吸をする。これらは生きていく上で欠かすことのできないものですね。これらがなければ生きていくことは当然できませんし、どれか一つでも欠けてはいけません

そんな大切な場所は口の奥に位置する喉付近が司っています。

スポンサーリンク


ここにがんができることを咽頭がんと呼び、進行すると上記のどれか、または全てを行うことができないので人工呼吸などをしなければいけません。

かなり大変な日々を送ることになるので、初期症状を知っておくことにより大きな意味をそこに感じることができるようになるでしょう。そこで調べてみることにしました。

 

発生場所に限らず早期発見は難しい

咽頭がんの初期症状をすぐに見分けて早期発見しよう

咽頭がんは発生する場所において、上、中、下のそれぞれ咽頭がんとして診断されます。上の場合ですと眼や耳の神経が近いこともあるので腫瘍がそれらの神経を圧迫しますので、難聴や視力の低下などが引き起こされることが分かっています。

また中段階に出来ている場合ですと、ごっくんと飲み込む場所と重なりますから食べ物を飲み込むことが難しくなります。また扁桃腺という免疫器官がありますので、扁桃腺が炎症をおこしてはれたり、痛んだりすることがあります。

下部に発症する場合には、呼吸がしにくくなったり声が枯れたりといった症状が見られます。またリンパ節に転移することが多いので、首にしこりができたりするのです。

スポンサーリンク


この3箇所の出来る場所によって、その後の発生に大きな違いが出てくることが分かります。

自分が難聴なのか飲み込みができないのか、それとも呼吸が難しいのかを把握することができれば、どこにがんができているのかの可能性を探ることができるひとつの手がかりになるでしょう。

しかしこれらの症状は、かなり進行してから発生するもので、初期症状はほとんど見られません。つまり早期発見をするのがかなり難しいがんであることをまずは覚えておきましょう。

 

初期症状が分からないので定期検査で発見を

咽頭がんの初期症状をすぐに見分けて早期発見しよう

咽頭がんは初期のがほとんどありませんので、すぐに発見できるものではありません。そのため定期的に検査を受けるなどして、早期に知ることがとても大切になります。

ただ発生原因として考えられているのは、過度な飲酒と喫煙です。これは統計的にもデータが揃っているのでほぼ間違いはないでしょう。

以前は歌いすぎたり声を出しすぎる人などが発症するなどと言われてきましたが、そういったデータはありませんのであまり関係はないかもしれません。

咽頭がんについては、ある程度の情報はあります。お酒やたばこを控えて規則正しい生活を心がけることで引き起こすリスクを減らすことはできるでしょう。

そして上記でも記述したような症状に心当たりがあればすぐに医師の診断を受けるという心構えでいておくと、その後がスムーズになるでしょう。

声を出したり食事をするなど普段当たり前のようにしていることが、できなくなる可能性がある病気ですから、なんとしても早期で片付けておきたいですね。

 

引き続き、「ガンの症状・原因」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

咽頭がんの初期症状をすぐに見分けて早期発見しよう がん検査キット!自宅で簡単にガン検査しよう

-咽頭癌

Copyright© 【癌】ガンの症状や原因まとめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.