腎臓癌

移転しやすい腎臓がんの症状や原因を紹介します

投稿日:

移転しやすい腎臓がんの症状や原因を紹介します

腎臓がんの症状を発症する人は、全体の発症数からみると僅か1%に過ぎません。しかし近年、発症する罹患数が増え続けています。

その理由として、それまでは検査をしてもなかなか見つけることができなかった腎臓がんの症状を診断する技術が発達したからです。

ここでは、そんな腎臓がんの症状などを徹底的に究明したいと思います。

 

転移しやすい腎臓がんの症状とは

移転しやすい腎臓がんの症状や原因を紹介します

腎臓がんの症状は、なかなか見つけることができなかった…何故ならがん細胞が直径5cm以下であれば、ほとんど自覚症状というものが現れなかったです。

そして病院の健康診断等々で超音波検査/CT検査などを受けた時、たまたまちっちゃな腎臓がんを見つけるケースが多かったのです。

では自覚症状の少ない腎臓がんが進行すると、どのような症状を発症するのでしょうか。

腎臓がんの場合、三大症状が起こります。「三大症状…血尿/お腹のしこり(腫瘍)/腹痛」もちろん三大症状が同時に発症することはありませんが、その中でも血尿を発症する人が約50%います。

ただし血尿の場合、初めは鮮血ではなく少量の血液が尿に混じるといった感じで、血尿によって痛み/発熱が出るといったことも起こりません(=無症候性血尿)

スポンサーリンク


実ははっきりわかる血尿と無症候性血尿を繰り返すことによって、徐々に腎臓がんの症状が進行しているのです。

さらに症状が進行するとわき腹付近に妙な圧迫感(不快感)を覚え始めるだけでなく、尿管に血液の塊が詰まることによって激しい痛みを感じる場合も出てきます。

進行も末期状態になると、症状は全身の痛みに変わってきます…(食欲不振/発熱によるだるさ、倦怠感/貧血)…そして多臓器への転移へ。

他の病気の検査を受けたことによって、たまたま見つかっていた腎臓がんは、若い世代の発症は少なく、主に50~60歳代になってわかります(=男女比3:1)。そんな状態にならないためにも、私たちは健康診断を怠ってはいけないのです。

 

生活習慣のセルフチェックが重要

移転しやすい腎臓がんの症状や原因を紹介します

腎臓がんは40歳以上…つまり中高年になってから、特に生活習慣に気を付けなければいけません(=セルフチェック)

そして特に生活習慣の中で気を付けなければいけないことは、喫煙と肥満(高脂肪食)です。

いうまでもなく喫煙は腎臓がんに限らず、すべての病気に対してリスクを高めます。つまり腎臓の役割は血液中の老廃物(有害物質)を尿によって排出することですが、喫煙をすることによって腎臓は機能の低下を余儀なくされるのです。

そして肥満(高脂肪食)…例えば長い年月、肥満(高脂肪食)の状態でいれば、体内の血液はドロドロになります。当然、血液がドロドロになると腎臓の負担は増大し、発症するリスクも高まることになります。

こうしたことがわかっていても…それでも生活習慣を無視し続ければ、自ずと腎臓がんを発症することになります。

ここで、治療法について触れてみたいと思います。

スポンサーリンク


治療法は手術・化学療法(放射線)…そしてこれは民間医療になりますが、インターフェロンがあります。インターフェロンは感染したウイルスを壊す薬のことですが、様々な副作用を起こすので、途中でインターフェロンの治療を辞める人もいます。「様々な副作用…食欲不振/だるさ/うつ病/肝機能障害」など。

そして腎臓がんの場合、末期症状だったため治療が何もできないことあります(=転移)

その転移が骨であればきしむような痛みを感じ、肺がん(転移)であれば呼吸困難を伴います。

そうした場合、終末期医療(ターミナル医療)というものも考える必要があります。終末期医療とは、延命処置をやめて残り少ない人生をいかに有意義に過ごすことができるかを考えた医療をいいます。

腎臓がんに限らず私たちが病気に打ち勝つためには、その病気のことをよく知り自分自身で節制をすることによって、より積極的に病気を打破するといった気持ちを持つことが必要ではないでしょうか。

引き続き、「ガンの症状・原因」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

移転しやすい腎臓がんの症状や原因を紹介します がん検査キット!自宅で簡単にガン検査しよう

-腎臓癌

Copyright© 【癌】ガンの症状や原因まとめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.