腎臓癌

腎臓がんの初期症状として分かりやすい状態とは?

投稿日:

腎臓がんの初期症状として分かりやすい状態とは?

発症するのが、全体のがん発症者の中でも1%と言われるほど稀な病気として知られているのが、腎臓がんになります。しかし近年はその患者が右肩上がりに上昇しているので、決して無視できる状態ではありません。

そこで今回は腎臓がんにおける初期症状についてどのようなことが、意味を持っているのかを調べてみることにしました。

 

腫瘍が直径5CMを超えたあたりから症状が現れる

腎臓がんの初期症状として分かりやすい状態とは?

腎臓がんは初期症状がほとんど無いと言われています。感覚に乏しいというだけでなく、厚い層に覆われていることも影響していると考えられており、そうしたことにより発見が遅れる要因になっています。

普段の生活において、あまり腎臓のことを意識したことは無い人のほうが多いでしょう。そして確認をしようにもどんなことが発生したら異常なのかという参考になるものもありませんので、確認のしようがないのです。

スポンサーリンク


一般的に言われているのは、腫瘍が直径5CM以上になったころから、自覚できるものが現れるようですが、ここまで進行しているとすると初期とは少し言いがたいものになります。

それでもとりあえずどんな状態になるのかを示しておきます。

 

腹部のシクシクとした疼痛

腎臓がんの初期症状として分かりやすい状態とは?

腎臓がんになると典型的な痛みとして知られるのが、腹痛です。

動くことができないような激しい痛みではなく、ズキズキ・シクシクといった持続的で鈍くそして疼くような痛みであることが特徴です。

スポンサーリンク


あまりこういった痛みを経験したことは無いので、かなり特徴のある腹痛なのでここで違和感を感じて「いつもと違うな」と思う人は比較的多いようです。

ここで発見された場合はステージⅡぐらいですので、まだまだ完治が可能な状態であると考えることができます。

 

血尿から腹部のしこりが起こる

腎臓がんの初期症状として分かりやすい状態とは?

腎臓がんの症状として代表的なのが血尿です。がん患者の約50%の人が患うものですので、注意しておく必要があります。初期の段階では肉眼で尿に血が混じっているかどうかを確認することができないほど微量です。

しかしある程度進行すると、肉眼でもはっきりと分かるほど赤い血が混じっている尿になります。また毎回出るのではなく、出たり出なかったりを繰り返すところに特徴があります。

痛みというものはあまり感じることがありませんが、発生する場所によっては鋭い痛みを生じることもあります。もしこのような初期症状が出ているのであれば、すぐに病院に行くべきです。

そして忘れてはならないのが腹部のしこりです。腫瘍が大きくなることでグリグリとしたしこりを確認することができるので、場所を確認して触ってみてどんな状態かを確かめてみることもできます。

ここで紹介した3つは、腎臓三大初期症状と呼ばれているので、ひとつでも当てはまる場合はすぐに病院に行って検査をするべきです。早期発見であれば完治する可能性は高いので、早めの行動が鍵になるでしょう。

異変というものをあまり出さないのが特徴です。上記の例を参考にして自分で今一度確かめてみてはいかがでしょうか。

 

引き続き、「ガンの症状・原因」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

腎臓がんの初期症状として分かりやすい状態とは? がん検査キット!自宅で簡単にガン検査しよう

-腎臓癌

Copyright© 【癌】ガンの症状や原因まとめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.