抗がん剤を使ってがんを治療する必要性とは?抗がん剤の実際の効果

抗がん剤を使ってがんを治療する必要性とは?抗がん剤の実際の効果

「がん」になったら真っ先に思いつくのが、抗がん剤を投与することによる治療方法でしょう。

そして良い面でなく悪い(副作用)面を思い浮かべる人も少なくはありません。

しかし、その副作用を伴ったとしても、かなり嬉しい効果というものも存在していることからも、常に現場では用いられているのです。

ではこの治療では一体どんな意味があるのでしょうか?

今回は、抗がん剤の必要性と実際の効果についてご紹介していきます。

 

抗がん剤の治療効果はどのくらい?

抗がん剤を使ってがんを治療する必要性とは?抗がん剤の実際の効果

がんとは、他の病気とは違い細胞の突然変異によって発生するものです。

体の免疫機能が働くこともありませんので好き勝手に暴れてしまいます。

そして不思議なことに、出来た場所だけに留まらず、他の臓器や骨などに転移させて症状を悪化させます。

かなり厄介な病気であり、転移をするという特徴があるので、体の広範囲にその影響が及ぶ危険性があります。

これをがんが進行すると、これ以上のことが頻繁に発生します。

スポンサーリンク


肺ならば呼吸困難になったり、胃であれば食欲不振に。

骨であれば骨折しやすくなり、大腸なら便の状態が悪くなるなど、それぞれに合わせた病気が発生するので怖いのです。

このようにがんは、狭い範囲ではなく体全体というとても広く曖昧な場所全てが対象になるので、手術や放射線治療だけでは、どうすることもできないというのが現状です。

そこで抗がん剤を投与して治しをすることで、広い体全体を対象とすることができるので、効率がよいといえます。

局所的ではなく全体的にがん細胞の進行を遅らせたり、そのものを退治することができるので、治療という面ではかなり重宝されています。

 

入院しなくていい抗がん剤治療がある?

抗がん剤を使ってがんを治療する必要性とは?抗がん剤の実際の効果

従来ならば抗がん剤の治療をする場合には、最低でも1週間は入院する必要がありました。

これは副作用や患者の容態などを考慮して、治療を行う日と行わない日というのを交互に設けるようにして行っていたからです。

そのため治療を行う日というのは免疫力が低下しますし、体調不良になる可能性があるので、念のため入院をしながら、投与を行うというものが一般的でした。

こうすることによって、万が一のことが起こってもすぐに対応できる状況になるのです。

スポンサーリンク


もし副作用が強くなってきたら、それを抑える薬などを併用しながら、投与を行うような状態が続いていたのですが、最近はそれをしなくてもよくなりました。

というのも、医療技術の進歩によって、入院すらしなくてもよくなってきているのです。

 

医師とのコミュニケーションでがん治療をスムーズにしよう!

抗がん剤を使ってがんを治療する必要性とは?抗がん剤の実際の効果
がん治療で抗がん剤によるものは、医師と打ち合わせをして決めます。

まず本人の体調などを調べ、がんの進行状況などを確認し、それらを総合的に判断して、どんな薬を投与するのが望ましいのかや、どれぐらいの期間が必要なのかを知るようになります。

こうしたことを使い続けることにより、抗がん剤は進んでいくのです。

一見すると、副作用がキツくて大変そうなイメージがありますが、時代の変化と共にそうしたことも緩和されていくのでしょうし、そうであればもっと退治に専念できることもありますね。

 

引き続き、「ガンの症状・原因」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

抗がん剤を使ってがんを治療する必要性とは?抗がん剤の実際の効果 がん検査キット!自宅で簡単にガン検査しよう