甲状腺がんが発生する可能性が高い2つの原因とは?

甲状腺がんが発生する可能性が高い2つの原因とは?

がんに関する見地は100年前に比べればはるかに進歩しました。不治の病だとされてきましたが、早期発見できる技術が開発されたことにより、随分と完治できる報告も多くなってきているのです。

しかしながら、発生原因というものがまだまだ未解明な部分が多く、試行錯誤が続けられています。その中において甲状腺がんはどのようなことが原因で生じてくるのでしょうか?

今回はこの部分に着目して見ていきたいと思います。

 

遺伝によって発生する確率が変わる

甲状腺がんが発生する可能性が高い2つの原因とは?

甲状腺がんの原因として考えられているうちのひとつは、遺伝によるものです。家族に内分泌のがんを2つ以上発症した人がいる場合には要注意するべきでしょう。

しかしながら、遺伝子に組み込まれた情報を書き換えることは現代の技術では出来ませんし、自分で気付くこともできません。

スポンサーリンク


そのため家族において発症している人がいないかを確認するのです。もし存在するのであれば通常の人に比べてがんになる可能性が高いので、定期的に検査をするなどの対処をすることができるようになります。

普段から自分の健康状態をチェックしておくことで、早期発見により完治できる可能性が高まります。

 

多量の放射線を浴びる

甲状腺がんが発生する可能性が高い2つの原因とは?

甲状腺がんの原因として次に考えられるのが、放射線を多量に浴びることによって発生するというものです。詳しい解明は進んでいませんが、チェルノブイリでの原発事故では付近住民の間でこのがんを患う人が多く発生したという事例があります。

また原爆が投下された、広島や長崎でも同様の現象が起こっているということからも、無視はできません。

スポンサーリンク


浴びてからすぐに発症するということではなく、数年間の潜伏がありそこからがん化が進むということですから、当初はあまり関係ないのではないかと言われていましたが、近年になり大きな意味があると考えられるようになってきたのです。

子供においても、このがんが発生する可能性はありますので放射線治療などによる被曝というものも十分に注意しておかなければなりません。

 

原因が分からないものが多い

甲状腺がんが発生する可能性が高い2つの原因とは?

甲状腺がんの代表的な原因はこの2種類ですが、実は他にもまだまだ要因はあるのではないかと言われているのです。そのため解明というところまでは向っておらず、試行錯誤が続いています。

対策としてはどうやら海草を摂取するのが良いとされています。ヨウ素を使ってホルモンを分泌させる場所なので、海草をよく食べる国においては発症確率が格段に下がっているというデータもあります。

日常的に海のものを食べるということが助けになるのではないでしょうか。

日頃から定期的に診断を受けるなど、自分である程度の対策をしておくことで、早期発見に繋がり根治も簡単にすることができるでしょう。

 

引き続き、「ガンの症状・原因」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

甲状腺がんが発生する可能性が高い2つの原因とは? がん検査キット!自宅で簡単にガン検査しよう