目で確認できる口腔がんの症状と原因を探ろう

目で確認できる口腔がんの症状と原因を探ろう

多臓器に発症するがんと異なり、口腔がんは自分自身の目で原因を発見することができる病気です。

しかしそれでも気付きにくいがんだと言われる所以は、口腔がんを口内炎と見間違って放置することが多いからです。

そんな見間違いをしないようにするためにも、私たちはこまめに口の中の症状をチェックする必要があります。

 

日頃からの症状チェックで口腔がんを防ごう

目で確認できる口腔がんの症状と原因を探ろう

口腔がんの症状は、鏡で口内を見ることから始まります。しかし、ただ見るだけでは症状をチェックすることになりません。

ちゃんとした見方をすることによって、初めて有無を確認することができるのです。

次に良く似ているものに口内炎があります。

口内炎の場合、しこりができたとしても非常に柔らかいものです。しかし口腔がんの場合、そのしこりが硬いことに注目してください。

また口内炎は歯茎付近にできやすいですが、口腔がんは歯の当たりやすい場所に症状として発症する傾向にあります。さらに口内炎は2週間もすれば自然に完治しますが、口腔がんは何週間経とうが治ることはありません。

スポンサーリンク


次に多い症状として、痛みを伴わない部分からの出血があります。例えば歯槽膿漏があればそうした出血もあり得ますが、それ以外はあまりない症状だといえます。

ちなみにすでに重篤な症状であった場合、神経を蝕んでいる可能性もあるため痛みを伴う出血があります。

口腔の痛みの原因は「紅板症」や「白板症」という症状であり、それが進行すると口腔がんを発症します。

 

紅板症

口内の粘膜が赤く腫れ上がっている症状をいい、口腔がんになる前の状態を指します。

 

白板症

喫煙や過度のブラッシング等々によって、口腔の粘膜が白く腫れ上がる症状をいい、口腔がんになる前の状態を指します。

その他の症状として…

  • 食事中に口内全体が浸みる(口内がヒリヒリする)
  • 首が凝る(リンパ節が腫れる)

こうした症状をチェックするためには、とにかく自分自身で口内をきちんと観察する習慣を身に付けることです。そして「何かわからないけど、何かおかしい!」と直観的に判断した場合、口腔外科/歯科医院にて早急に受診することです。

 

口の中の不衛生~それが口腔がんの原因~

目で確認できる口腔がんの症状と原因を探ろう

発症する最大の原因…それは「喫煙」です。よく「喫煙は身体に悪影響を与える。」といいますが、みなさんはその裏付けとなる数字をご存知でしょうか?

「喫煙者の発症率は、非喫煙者の16倍。」

「煙草の煙には身体に有害とされる物質(ニコチン/タール)が250個以上含まれていて、その中には発がん性物質を疑わせる物質が50個以上含まれている。」

さらに喫煙をする場合、まず口内を通るわけですが…特に口内は、喫煙の有害物質の影響を受けやすい部分でもあるのです(喫煙が口内粘膜細胞のDNAを傷付ける)。

スポンサーリンク


その症例として、噛み煙草を好む東南アジア地域の人々の発症は、全体の約30%にも及ぶとされています。(ちなみに日本における口腔がん患者さんの発症は、全体のたった1~3%に過ぎません。)

そして、居酒屋などで見られる「喫煙+アルコール」も原因の1つです。

実は煙草に含まれる発がん性物質はアルコールを摂取すると溶け出してしまい、口内に大量に付着してしまうのです。当然、口内に付着した発がん性物質は口腔がんの原因を増幅させます。

煙草を飲みながらアルコールを…私たちは、こうした環境が口内を不衛生していることを改めて認識する必要があると思います。

何故なら口内の不衛生こそが、口腔がんの直接的原因でもあるからです。

ちなみにこうした原因のほかに、「慢性刺激」と呼ばれるものもあります。

具体的にいえば、辛い/熱い/冷たいといった刺激の強い食べ物を食するとき、その刺激が嗜好をそそるといいます。しかしその刺激こそが、口内の粘膜細胞を傷付けるのです…口腔がんの原因となるのです。

「喫煙」「アルコール」「慢性刺激」…この3種類が、口腔がんの原因であることを覚えておいてください。

引き続き、「ガンの症状・原因」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

目で確認できる口腔がんの症状と原因を探ろう がん検査キット!自宅で簡単にガン検査しよう