口腔癌の平均生存率は?他のがんと比べて口腔癌は生存率が高いの?

口腔癌の平均生存率は?他のがんと比べて口腔癌は生存率が高いの?

口腔癌は出来る場所によって症状などは変わってきますが、病期推移というものは全世界共通で決められているパターンがあります。

これらを参考にしながらどこまで進行しているのかを判断して、どんな治療が有効なのかを判断します。

では生存率はどうなっているのでしょうか?

今回は、口腔癌の平均生存率は他のがんと比べて高いのかどうかをご紹介していきます。

 

口腔癌は他のがんに比べて予後は良好である

口腔癌の平均生存率は?他のがんと比べて口腔癌は生存率が高いの?

がんはどの程度までがん細胞が浸潤しているのかによって、治療内容が変わりますし、予後の状態がどうなっていくのかも変わってきます。

そしてどの場所で発生するがんでも同様のことが言えますが、早期発見できれば現代の医療技術ではほとんどが完治することができますし、5年生存率も80%を超える場合が多いのです。

口腔癌に関しては、他のがんに比べても予後はとても良いことが分かっています。

進行速度が遅いということもありますし、自分で見て判断できますし、自覚症状なども初期のころから感じ取ることができます。

スポンサーリンク


そうした異変をすぐに知らせてくれるので、多くの人は重症化する前に治療をするので、生存率はステージⅠやⅡでは90%を超えるので、再発もあまり気にすることなく行うことができるのです。

コレは中々他では体験することができないものなので、実に素晴らしいことです。

 

予後の平均生存率は70%を超えるといわれる口腔癌

口腔癌の平均生存率は?他のがんと比べて口腔癌は生存率が高いの?

ステージによって5年生存率は大きく変わってきます。

口腔癌は出来る場所が様々ですが、それによって予後が変化するということは基本的にはありませんので、全てを総じて見ていくことができます。

ステージⅠやⅡは上記でも説明したとおりとなっており、Ⅲになると60%、Ⅳになっても40%程度と高い数字が続きます。

肺がんの場合はステージⅣになると5%という、極めて厳しい予後になることを考えると比較的生存率が高いということになります。

スポンサーリンク


がん細胞は不思議なことに、最初に誕生した部分の性質を引き継ぐ能力を持っています。

口腔癌の場合は進行速度がゆっくりである性質を持っているので、他の臓器へ転移したとしても、その浸潤速度は比較的遅いです。

そのためステージⅣにまでなっていたとしても、ゆっくりなので症状が出てくるまでには時間がかかるのです。

そしてこの速度には個人差があるので、10年も20年経過してもほとんど変わらないということもあり得るのです。

口腔癌は基本的に、予後は他に比べればマシといった状況です。

ですが早期発見できれば、もっとも負担をかけることなく治療することができますから、そうしたことを多く学ぶことによって、その問題を解決することができます。

口腔癌になったとしても、慌てることなく治療を進めればほとんどの場合が完治できるのです。

 

引き続き、「ガンの症状・原因」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

口腔癌の平均生存率は?他のがんと比べて口腔癌は生存率が高いの? がん検査キット!自宅で簡単にガン検査しよう