末期がんの余命宣告にマニュアルはあるの?余命宣告の基準とは?

末期がんの余命宣告にマニュアルはあるの?余命宣告の基準とは?

がんにも色々と種類があります。

それによって進行する速度や、悪化する範囲などが変わるので、一概にがんと言ってもその影響は大きく変わってきます。

しかしながら、他臓器にも転移が見られて、手の施しようが無い場合には、末期がんと宣告されて余命1年や3年などと言われるのです。

スポンサーリンク


実際にはどういった状態になるとこのように言われるのかや、年数などに決まりなどはあるのでしょうか?

今回は、末期がんの余命宣告にマニュアルや基準はあるのかどうかについてご紹介していきます。

 

末期がんの余命宣告には決まった基準がある?

末期がんの余命宣告にマニュアルはあるの?余命宣告の基準とは?

そもそも末期がんの時に宣告される余命は、何かプロセスがあり、マニュアルに沿って言われるものなのでしょうか?

答えはノーで、そのようなことはなく医師の過去の経験などと照らし合わせて、どうなっているのかを確認する程度となっています。

つまり、曖昧でアバウトな判断であることは確かです。

かといって適当に言っているのではなく、ある程度の根拠はあることは間違いありませんが、マニュアルみたいなものはありませんので、どうしても経験則になるのです。

スポンサーリンク


余命3ヶ月と宣告されたのに、3年過ぎてもまだ生きているという人は多いです。

がん細胞の進行が思ったよりも進まなかったり、壊死するなどして逆に快方に向っている人も多いようです。

そう考えると、中々安易に宣告することができないようにも思えますし、実際に医師もどのように伝えるのかを迷うことがあるようです。

本人にとっても家族にとっても、その言葉はとても重いものですし、気分が良いものではありません。

しっかりと受け止めているのに、3年も10年も生きているというのは、逆に嬉しいかもしれませんが、「だったら言わないでほしい」ということもあるでしょう。

医師としても、非常に厳しい選択を迫られていることになります。

 

余命宣告の年数は参考程度に捉えておこう

末期がんの余命宣告にマニュアルはあるの?余命宣告の基準とは?

末期がんで余命が出されたら「もうそれしか生きられないんだ」という気持ちになるものですが、上記でも説明しているように、あくまでもアバウトなものですから、参考程度であることが多いです。

それよりも、現代の医療技術ではどうすることもできないということを、宣言していることに意味を持たせることを目的としています。

治すことができないということの表れでもありますから、そこをしっかりと認識しておくことによって、この問題を解決させることができるようになるでしょう。

 

引き続き、「ガンの症状・原因」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

末期がんの余命宣告にマニュアルはあるの?余命宣告の基準とは? がん検査キット!自宅で簡単にガン検査しよう