末期癌

末期がんに対する家族の向き合い方とは?末期がん患者に伝えたいこと

投稿日:

末期がんに対する家族の向き合い方とは?末期がん患者に伝えたいこと

末期がんになると余命が宣告され、厳しい状況に患者もその家族も置かれます。

これから先のことを考えると、非常に残酷で悩ましい日々が待ち受けていることでしょう。

ですが、死の宣告を言い渡されるだけでもまだマシかもしれません。

交通事故や犯罪などで突如として失われるよりかは、分かっていたほうが、残された時間を大切にすることができるでしょう。

患者にとっての支えになるためには、どうするべきなのでしょうか?

今回は、末期がん患者に対する家族の向き合い方についてご紹介していきます。

 

小さな要望でも末期がん患者の願いを叶えることは重要

末期がんに対する家族の向き合い方とは?末期がん患者に伝えたいこと

末期がんと宣告された時に、家族は心のケアをすることが求められます。

ショックを隠しきれない人が多いのですが、そこをどのようにして受け止め、前を向いて進むことができるのかというものが、がんの進行を遅らせるのに非常に役立つのです。

ここまで進行したがんであれば、医療でどうにかなるレベルではないので、退院を希望すれば受理してくれます。

そこからはどのような生活をしていくかによって、健康状態が著しく悪化するのかそれとも防ぐことができるのかの境目になることでしょう。

スポンサーリンク


家族としては、できるだけ要望に応えることが求められます。

病院という場所では、どうしても気持ちを安らげることができないので、精神的な面では沈んでしまうことがあるでしょう。

住み慣れた場所というのはそれだけで、環境改善にはとても良いので進行を遅らせることができると考えられているのです。

 

末期がん患者の未来志向性を大切にする

末期がんに対する家族の向き合い方とは?末期がん患者に伝えたいこと

末期がんで余命を宣告されたとしても、その期間が絶対の寿命とは思わないでください。

何か指標がある訳ではありませんし、規則などもありません。医師の経験や過去の事例などを総合的に判断して出された結果であり、個人差はかなりあります。

スポンサーリンク


余命1年でも5年生きている人もいますし、本当に体がボロボロなの?

と疑ってしまうほど元気に活動できている人もいるほどです。

そのため家族としては患者に対して、どのようにして生きるかという考えではなくて、「何がしたいか」という、未来へ向って進むような雰囲気を大切にしましょう。

 

共に歩むことの喜びを末期がん患者に伝えてあげよう

末期がんに対する家族の向き合い方とは?末期がん患者に伝えたいこと

末期がんと言われた患者は、自分の命が残りわずかだと言われているので、精神的に不安になります。

何を言われても自分には関係のないことであり、その状況を飲み込むには時間がかかります。

一緒に歩む者として、その状況を無理に納得させるというよりかは、最期に一緒にいられることの喜びを伝える努力をすることが大切です。

支えになれる人が傍にいて、そして自分の終わりまでもいてくれるのはとても嬉しいことです。

喜べることがあることは、絶望の中でも安心感を与えてくれます。

末期がんと家族は、このような雰囲気を出すことができるかどうかにかかっているのです。

余命を宣告されることは、とてもではないが受け入れることができない精神的苦痛になります。

しかし柔軟な考えができるように、関係者共々が未来志向性を大切にすることが求められるのです。

 

引き続き、「ガンの症状・原因」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

末期がんに対する家族の向き合い方とは?末期がん患者に伝えたいこと がん検査キット!自宅で簡単にガン検査しよう

-末期癌

Copyright© 【癌】ガンの症状や原因まとめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.