末期癌

末期がんは完治するの?末期がんの完治を可能にする為に必要なこと

投稿日:

末期がんは完治するの?末期がんの完治を可能にする為に必要なこと

日本人の死亡原因の1位になっているのが「がん」という病気です。

いまだに確実に完治できるような技術が確立されているわけではなく、世界各国が協力して開発をしている段階です。

そんながんですが、進行が進み多くの転移が見られたら、末期がんと宣告されます。

医療が役に立たず、治療をすることができないほどの状況になっているので、余命も3ヶ月や1年などを宣告されてしまうのです。

そこで今回は、末期がんの完治を可能にする為に必要なことについてご紹介していきます。

 

医療技術では末期がんの完治は不可能である

末期がんは完治するの?末期がんの完治を可能にする為に必要なこと

末期がんとは、様々な臓器や骨にがん細胞が侵食していき、正常な細胞を破壊して腫瘍を作り、体内を蝕んでいる状態のことを指します。

当然全てを切除することはできませんし、ここまでの広がりを確認すると、切除したところでどうすることもできないというのが正直なところです。

ですので、現代の医療では完治することが、基本的には不可能だと言われています。

スポンサーリンク


痛み止めや、精神安定剤などなるべく、楽に生活ができるような方法がとられるのですが、これはもう治療などではなく、最期までなんとか苦しまずに生活できるようにする最低限の処置になります。

患者の要望によっては、退院をして自宅で家族と一緒に過ごすこともできます。

周囲の環境が、体内にどれだけの影響を与えるのかは定かではありませんが、精神的な落ち着きを取り戻すと、進行が遅れたりする人もいるようです。

そのためがんも末期になってくると、どのようにして今後の生活を送っていくかを決めるような段階であり、もはや完治を期待することは、難しいと思うような状況となっています。

 

末期がんであっても強い意志で完治した人もいる

末期がんは完治するの?末期がんの完治を可能にする為に必要なこと

人間はがん細胞について、100年前に比べれば、はるかに多くのことを知るようになりましたが、それでもまだまだ未知な部分があり、確実に変化した遺伝子だけを攻撃して正常に戻すという技術の確立には至っていません。

何故かというと、それだけややこしいですし、分からないところが多いというのが事実だからです。

末期がんになるとよりそれは顕著になり、手術をすれば体内の臓器をほとんど切除することになるので、当然生きていくことができません。

スポンサーリンク


薬で退治できることはなく、増殖速度を遅らせることぐらいしかできないというのが現状です。

普段の生活をそのまま送るというのは、とても難しい状況になっているのです。

しかしながら、末期がんと宣告されても奇跡的にそこから治ったという人も少なからずいます。

実は手遅れと宣告されるのに何か基準(数箇所以上転移したら等)のようなものは存在しておらず、医師の経験などから判断されるので曖昧なところが多いです。

そのため余命3ヶ月と言われても10年生きているという人も少なくはありません。

そして強い生きるという意志を持って生活している人の中には、どうすることもできないがん細胞がすっかり消えて治ってしまった人もいるのです。

どんな状況になっても、自分で自分のことを諦めないということが大切なのかもしれません。

 

引き続き、「ガンの症状・原因」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

末期がんは完治するの?末期がんの完治を可能にする為に必要なこと がん検査キット!自宅で簡単にガン検査しよう

-末期癌

Copyright© 【癌】ガンの症状や原因まとめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.