末期がんは転移した場所によって症状が違う!?末期がんの治療法とは?

末期がんは転移した場所によって症状が違う!?末期がんの治療法とは?

早期と進行の二つのタイプがあると言われているのが「がん」という病気です。

普段の生活であまり違和感や異変などを感じることができずに、じわりじわりと影響を及ぼす存在で、恐れられています。

浸潤が進み、他臓器への転移が認められて、医療でどうにかできるレベルを超えてしまったら、末期がんと宣告されます。

通常は余命3ヶ月から3年と言われることが多く、患者にとって残酷な結果となってしまうのです。

今回は、末期がんは転移した場所によって症状が違うことと治療についてご紹介していきます。

 

がんの症状は転移した場所によって違う?

末期がんは転移した場所によって症状が違う!?末期がんの治療法とは?

がんの症状は、実に様々です。

がん細胞が転移した場所によって、出てくる症状が異なってきます。

たとえば、肺や喉などに移動されてしまったならば、呼吸不全に陥りますし、食道も一緒の管を通っているので、流動食しか受け付けないようになるでしょう。

また胃や腸になった場合は体重減少が著しくなり、食べても嘔吐を繰り返すので点滴での栄養補給ということにもなります。

脳に転移してしまったら最悪で、言語障害や幻聴、幻覚、痴呆、多重人格など日常生活を満足に送ることができないようなことになります。

スポンサーリンク


そして脳に移動してしまうと、余命はもっとも短くなることが多いということから分かるように、とても厳しい状況になってしまいます。

骨に転移した場合には、何もしていないのに骨折したり、歩いただけで骨にヒビが入るなど悲惨な状況になります。

歩くことも動かすこともできずに、寝たきりの状態になるでしょう。

このように末期がんでは、非常に多くの症状が出ていることが分かります。

では、これらは改善させることはできるのでしょうか?

 

末期がんの主な治療法とは?

末期がんは転移した場所によって症状が違う!?末期がんの治療法とは?

結論から言えば、このがんの状態から改善させることは、現代の医療技術でも無理ということです。

人間に備わっている自己治癒力頼みということになるので、お手上げといっても良いでしょう。

できることと言えば、がんの進行速度を遅らせるような薬を用いるか、あまりにも痛みがある場合にはモルヒネを注射して、痛みをコントロールしながら毎日の生活を送っていくかのどちらかになります。

スポンサーリンク


このがんになれば、おそらくこの療法を選択するか、それとも拒んで退院して自宅で過ごすかの2択になる場合が多いようです。

最近は自宅での医療という技術も進化していますし、病院としても入院しても何もしてあげることができないので、せめて最期の時くらいは家族のところで生活して欲しいという願いもあり、退院は希望があれば受け付けています。

 

奇跡を起こして末期がんを克服する方法とは?

末期がんは転移した場所によって症状が違う!?末期がんの治療法とは?

人間の体はとても不思議なもので、末期がんがかなりヒドいのに、上記で記述したような症状が全くでない人もいます。

痛みを自己防衛本能で感じさせないようにしているのかもしれません。

そして余命3ヶ月と言われた人が、「絶対に生きてやる!」という強い気持ちで生活をしていたところ、かなり蝕まれていた臓器などから、がん細胞が消えていて気付いたら完治していた…。

こんな奇跡を引き起こしている人もいます。

末期がんは生きようとする力が希望を与える

末期がんは転移した場所によって症状が違う!?末期がんの治療法とは?
末期がんと宣告されると落ち込んでしまう方が大半だと思いますが、自己治癒能力が非常に発達している人間は、生きようとする力も本来ならば備わっているのかもしれません。

末期がんの症状はどれも恐ろしいですが「生きる」という強い気持ちを持つことは大切なのかもしれませんね。

 

引き続き、「ガンの症状・原因」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

末期がんは転移した場所によって症状が違う!?末期がんの治療法とは? がん検査キット!自宅で簡単にガン検査しよう