乳がんは遺伝で発症する可能性はあるの?早期治療のメリットとは?

乳がんは遺伝で発症する可能性はあるの?早期治療のメリットとは?

乳がんの発生には遺伝性の要因があると言われていますが、それは全体の1割程度の割合で起こる事です。

ですが、親族に発症経験のある方がいる場合には、注意が必要となるので、お気をつけ下さい。

今回は、乳がんが遺伝で発症する可能性と早期治療のメリットについてご紹介します。

 

乳がんになった家族や親族がいる場合は遺伝するの?

乳がんは遺伝で発症する可能性はあるの?早期治療のメリットとは?

乳がんが発生する可能性には様々な要因が考えられていますが、その一つとして遺伝性によるものがあると言われています。

かといってその割合は高い訳ではなく、がんが発生する割合全体の5%から10%程度だと言われていますが、やはりこれは少ない数字ではありません。

基本的に乳がんが発生する時の要因としては、食生活が乱れていたり、運動不足や喫煙飲酒などだったりするケースがあると言われているので、遺伝による可能性はあまり高くないです。

スポンサーリンク


しかしがんを引き起こしてしまう人は、血縁的に発症しやすかったというような「体質」を持っているといえるでしょう。

遺伝以外にも基本的に発症する原因には、環境因子が関与しているのが大半であると言えるので、日頃の生活を注意しておくのが重要になります。

また、家系内に乳がんを患った経験がある方がいらっしゃる場合には、比較的発症するリスクがやや高くなる傾向があるでしょう。

それはそういった方が家系にいらっしゃらない場合に比較して、倍以上もの可能性が高まるとして考えられています。

事前に予防策を打つという場合でも、家系に起こってしまった経験がある方がいるか、遺伝の有無を確認するためにも事前に調べておくようにして下さい。

 

遺伝性は少ないといっても乳がんになる可能性はある?

乳がんは遺伝で発症する可能性はあるの?早期治療のメリットとは?

乳がんには家族や環境因子によるものなど、様々な要因を考えられているケースがありますが、それを考慮するのは実はとても重要であると言えます。

一見、どちらでも変わらないようにも感じる場合もありますが、がんと診断された場合にはその家系、血縁者も発症しやすい体質があると考えられるでしょう。

そのために、そういったものが分かれば早期発見に繋がる可能性は十分にありますし、その上治療を早めに始められるメリットがあります。

スポンサーリンク


もちろん、環境因子にしろ遺伝でないにしろ、癌の原因や発症が確認出来たときには、当人はもちろんショックを受けてしまう事に間違いありません。

ですが、しっかりと検査を受けて原因を把握することによって、血縁者の万が一の際に早期発見や早期治療のきっかけになります。

遺伝に関する要因を考慮する事は、一見して重要性がないようにも感じるかもしれませんが、今後の事や家系の事を考えると、とても必要性が高い事で無視出来ません。

自覚症状などが発覚し、がんの疑いがある場合には、診察や治療をしてもらう事は大切ですが、血縁なども確認してもらうようにしてみましょう。

 

引き続き、「ガンの症状・原因」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

乳がんは遺伝で発症する可能性はあるの?早期治療のメリットとは? がん検査キット!自宅で簡単にガン検査しよう