乳がん

乳がんが再発したときの症状や特徴とは?早期治療で完治させる方法

投稿日:

乳がんが再発したときの症状や特徴とは?早期治療で完治させる方法

乳がんの再発は珍しくなく、微小ながん細胞が残っている事で起こります。

全くの無症状の場合もありますが、中には痛みや咳などといった形で現れる事もあるので、治療後も安心出来るものでは決してありません。

今回は、乳がんが再発したときの症状や特徴と早期治療で完治させる方法についてご紹介していきます。

 

知らないうちに乳がんのリスクが高くなっている可能性もある

乳がんが再発したときの症状や特徴とは?早期治療で完治させる方法

乳がんを抗がん剤、手術などで治療したとしても、再発してしまうことがあります。

現在の再発率は、以前よりも格段と医療の発展によって少なくなってしまっているものの、完全には避けることは出来ず、発生してしまっていることもあるでしょう。

そのような症状がみられるときには、早期に専門医で治療を受ける、今後の方針を立てなくてはなりません。

スポンサーリンク


体調の変化として表れやすい病状は、吐き気、頭痛、肌や髪の毛が荒れる、体重が極端に減少する、便秘、胸の痛みなどがあります。

胸の痛みなどは、乳房にしこりやはり、痛みなどが見られる、などの症状があります。

乳腺に再発した段階になってしまうと、ひどい痛みや頭痛などが併発している可能性がありますので、早い段階で対策を進めることが望ましいでしょう。

 

早期治療で乳がんの完治を目指そう

乳がんが再発したときの症状や特徴とは?早期治療で完治させる方法

再発してしまった段階では、早期の対策が望ましいといえます。

かつてよりは可能性は低くなったとはいえ、現在でもゼロではないことを考えると、対応した後も定期的に医師に相談を受け、検診をすることが大切です。

また、発見後は、直ちに病巣を取り除けば、それ以上、他の部位に転移することがないなど、生存率も高くなります。

乳がんは、乳房の温存などを含めて、どこまで患部を除去するのがよいのか、という判断が女性の価値観があるため、難しい一面があります。

スポンサーリンク


しかしながら、術後のリスクを考えると、全摘出を進める医師もおり、その点は患者さまもよく判断しなければなりません。

この点に関しては、不安がある方は、セカンドオピニオンなど幅広い医師からの意見を聞いて検査を進めれば、その後の方針を広げることができます。

乳がんの症状について、そのまま放置してしまうと、病巣が悪化してしまう可能性がありますので、出来る限り早い対応を進めることで、他の臓器への転移などを防ぐことができます。

症状を放置することなく、早めに治療をするようにしてください。

乳がんの再発のリスクに関しては、発見、治療の段階で医師に説明を受けることができます。

ただし、一般的な統計的な数字でもあり、術式や抗がん剤の治療などのデータも含めると変動することを覚えておくことが必要です。

 

引き続き、「ガンの症状・原因」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

乳がんが再発したときの症状や特徴とは?早期治療で完治させる方法 がん検査キット!自宅で簡単にガン検査しよう

-乳がん

Copyright© 【癌】ガンの症状や原因まとめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.