乳がん

乳がんの症状には何があるの?乳房の痛み具合による注意点とは?

投稿日:

乳がんの症状には何があるの?乳房の痛み具合による注意点とは?

乳がんの症状としては「しこり」などといった形で現れる事が多く、乳房の痛みはがんの単独症状として現れる可能性が低いです。

しかし、乳房に痛みを感じる場合には、早めに受診されるようにして下さい。

今回は、乳がんの症状と乳房の痛み具合による注意点についてご紹介していきます。

 

自覚できるほどの乳房の痛みがある場合には注意が必要

乳がんの症状には何があるの?乳房の痛み具合による注意点とは?

乳がんの症状で乳房に痛みが発生する状態になると、がんがかなり進行している可能性があります。

小さな疼痛程度であれば、がんの進行はそれほど進んでいない場合がありますが、明確に痛みがあるにも関わらず、我慢しているような状態が続いてしまうと、病状はかなり深刻になっているということも珍しくありません。

乳房にはりがある、疼痛が目立ってきた、などの兆候がみられるようになっている段階では、がんは乳房内部の乳腺でかなり進行しているケースがあります。

スポンサーリンク


また、場合によっては、他の臓器にも転移している可能性も少なくありません。

初期の症状では、疼痛も小さく、乳房のはりなどもそれほど顕著に表れないため、患者さま本人も我慢できる程度の可能性があります。

しかし、そのような兆候が続いてしまうと、なかなか完治することが出来ず、症状がさらに悪化してしまう可能性がみられます。

早期に治療をするためにも、早めに病院で検査をするようにしてください。

 

乳がんの自覚症状が突然現れたときに気を付けたいこと

乳がんの症状には何があるの?乳房の痛み具合による注意点とは?

胸の痛みなど、乳がんの症状で疼痛が発生する段階になると、がんのステージが3以上の可能性があります。

また、突然強い痛みが襲ってくる段階では、病巣がかなり拡大して、顕著な痛みとして表れてしまう時もあるでしょう。

そのような状態になると、早期に手術をしなければ、命にかかわるという事例もありますので、少しでも不安がある方は、早めにドクターに診断を受けることをお勧めいたします。

スポンサーリンク


現在、乳がんは治療可能な病気であり、治療方法では、乳房を全摘出しなくてもよい場合も多いです。

乳房を温存する術式なども発展していますので、手術方法などについても相談をしてみるとよいでしょう。

また抗がん剤などの治療方針についても、合わせて確認しておくようにして下さい。

乳がんは比較的初期の症状であれば、抗がん剤によって、激痛を抑えられることも多く、転移などが認められなければ、がんが消滅することもありますので、早期の治療を受けることをお勧めいたします。

特に、激痛の段階になってしまうと、他の病気のケースもあり、保存療法では手がつけられない可能性があります。

これらの段階になる前に発見できるのが理想ですが、もしこの段階になったとしても放置せず、専門医に相談してください。

 

引き続き、「ガンの症状・原因」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

乳がんの症状には何があるの?乳房の痛み具合による注意点とは? がん検査キット!自宅で簡単にガン検査しよう

-乳がん

Copyright© 【癌】ガンの症状や原因まとめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.