乳がんの原因とは?分泌物が乳頭から出た場合の乳がんの判断方法

乳がんの原因とは?分泌物が乳頭から出た場合の乳がんの判断方法

乳頭から分泌物が合った場合、白色や透明であれば大きな問題ではないといわれています。

しかし、それが黄色混じりであったり、血液が含まされている場合には、少なからず乳がんの疑いがありますので、いち早く専門家に診てもらうのが望ましいといえます。

今回は、乳がんの原因と、分泌物が乳頭から出た場合の判断方法についてご紹介していきます。

 

自覚症状や体調の変化が乳がん発見のカギになる

乳がんの原因とは?分泌物が乳頭から出た場合の乳がんの判断方法

乳がんを患ってしまった場合、先端の部分から分泌物がでてくる事がありますが、それを自覚した時には、早めに専門家にご相談されるのが望ましいです。

癌ではなくても中には、別の症状によって分泌物が出てくるケースがあり、乳腺症のケースには透明もしくは黄色の液がでてくることがあるので、自覚した際には色の確認をしてください。

一方で茶色や血液が混じったような赤色の場合には、乳がんによるものである可能性があるので、そのまま放置せずに検査してもらうようにしましょう。

スポンサーリンク


また、その状態は両方の房の部分から出てくる場合があるので、両方から出ている場合には癌の可能性はやや低くなります。

両方から分泌物がみられるケースでは、良性である可能性が高い事に対して、反対に片方の先からの分泌物があるケースには、癌の疑いがあるようです。

色やそれらの傾向に関して、しっかり見極めるのは欠かせないこととなるでしょう。

そういった液が出てくる症状を確認した時には、マンモグラフィーやエコー検査、MRIなどといった専門的な検査をしてもらうようにして下さい。

 

乳がんの症状について区別をつける事も大切

乳がんの原因とは?分泌物が乳頭から出た場合の乳がんの判断方法

女性の中でがんを心配している方の中では、分泌物が出てきたというもので急に不安感を抱いてしまう事があります。

ですが不審な液体とはいっても、乳腺症である可能性も十分にありますので、出てくる感じや色の判別を行なってみるようにしましょう。

乳腺症の場合には量が少なく、加えて色が透明や薄い黄色で水っぽい傾向があります。

スポンサーリンク


一方でがんの場合には水っぽさはあまり感じられる事がなく、茶色などの黒めの色、もしくは赤っぽく血液が混じったような色になることがありますので、出てきたからといって焦らず分泌物の色の確認をするようにしましょう。

状態が良性ではあるものの変化したものを乳腺症といい、深刻な病気ではありませんので癌とすぐに判断する必要はありません。

また、その状態になり液が分泌される場合や、「しこり」といった症状が確認されるものは、女性ホルモンのバランスが崩れることでも、発症することがあります。

ただ全体的に見てこの症状は、がんに類似する点がいくつか見られるようになるので、いずれにしても房や頭の部分に異変があったり、痛みが見られる様になったりするときには、症状を自覚した段階で病院に足を運ぶようにしましょう。

 

引き続き、「ガンの症状・原因」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

乳がんの原因とは?分泌物が乳頭から出た場合の乳がんの判断方法 がん検査キット!自宅で簡単にガン検査しよう