卵巣癌

卵巣がんの症状である【腹水】が発生する主な原因とは?

投稿日:

卵巣がんの症状である【腹水】が発生する主な原因とは?

がんは初期症状が分かりにくいものが多いと言われています。しかしある程度進行してくると、様々な症状が一気に出るようになるので、異変をそこでようやく感じ取れます

しかしそうなってからでは手遅れになるケースが多いので、とても難しい病気なのです。

そんな中、婦人科系疾患の代表として取上げられるのが卵巣がんです。全く初期症状が表れないことから恐れられており、転移スピードも圧倒的に速いことも特徴です。

このがんの症状として「腹水」というものがあります。これは一体何なのでしょうか?

 

おなかに体液が溜まってしまうこと

卵巣がんの症状である【腹水】が発生する主な原因とは?

卵巣がんの進行期の症状のひとつとして、腹水が挙げられます。おなかの体液がたまる状態になるのですが、これが起こることでおなかが張ったり食欲不振に陥ったりします。

そうすると明らかに自分の体ではないような感覚になるので、ここでようやく自覚して病院に行く人が多いのです。これはステージでいうとⅠCの部類に入っていますし、5年生存率は80%ということです。

スポンサーリンク


腹水は他のがんではかなり末期になってから発症するものですが、卵巣がんの場合はそうとは限らずに、上記のステージでも発生することがあります。

唯一最初の分かりやすいサインということが言われているので、おなかの張りは気にしたほうがよいかもしれません。

 

血管やリンパ管から液が漏れ出す

卵巣がんの症状である【腹水】が発生する主な原因とは?

では、腹水はどのようにしておなかに体液を溜めてしまうのでしょうか?

まず我々の腹部には「腹腔」とよばれる空間があります。周りは臓器でおおわれており、腹腔内には胃や象徴、大腸、肝臓、腎臓など多くの臓器が存在しているとても大切な場所になります。

通常ならば腹腔には水分はほとんどありません。しかし血管やリンパ管が何らかの影響によって痛むと、管から液が漏れ出して腹腔内にたまっていきます。これがふくすいと呼ばれる状態になるのです。

スポンサーリンク


一般的には1リットル以上たまると、外からもおなかのふくらみが分かりますし、食欲不振などを自覚します。

治療としては塩分の摂取を控えることや、利尿薬を利用して少しずつ外へ排出する方法が取られます。大量に一気に抜くと体液を大幅に奪われてしまうので、症状をみながら慎重に排出していきます。

 

腹膜播種が発生する主な原因

卵巣がんの症状である【腹水】が発生する主な原因とは?

では卵巣がんにおいて、何故腹水が発生するのでしょうか?このがんが浸潤していくことによって、卵巣から腹腔内に入りこみます。

そこに種をばらまいたように転移をしていく現象である「腹膜播種(ふくまくはしゅ)」でよく見られます。

卵巣がんの中でもこれがたまりやすいのは進行が速いといわれる「漿液性腺がん」や「移行上皮がん」です。病期としてはⅠC期以降に見られることがほとんどです。

この腹水は沈黙のがんと言われる中でも最初のほうに発見される症状ですから、見逃すことがないようにしてください。

異変を感じたらすぐに産婦人科へ行きましょう。そうすれば早い段階で治療の選択を受けることができるようになるのです。

 

引き続き、「ガンの症状・原因」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

卵巣がんの症状である【腹水】が発生する主な原因とは? がん検査キット!自宅で簡単にガン検査しよう

-卵巣癌

Copyright© 【癌】ガンの症状や原因まとめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.