舌癌

舌癌が発生する主な原因や特徴とは?

投稿日:

舌癌が発生する主な原因や特徴とは?

病気の予防を日常生活で取り入れることは大切です。たとえば規則正しい生活をしたり、適度な運動をするなどして健康な体を維持することは、病気になりにくくするのに必要なことです。

しかしながら、人間はストレスを抱えたりお酒やタバコなどの嗜好品に手を出すことによって、様々な悪影響を体に与えながら生活をしています。そこで発生が懸念されているのが、「がん」という訳です。

今回は舌癌について見ていきます。このがんもどうやら生活習慣が大きな原因になっているのではないかと言われていますので、その点あたりを中心に調べてみました。

 

飲酒や喫煙が大きく関連している

舌癌が発生する主な原因や特徴とは?

舌癌とは、その字の通りべろにできるがんのことを指します。日本では全がん発生数の割合として2%程度なのでちょっと珍しいと感じる程度のものなので、あまり聞かないかもしれませんね。

口腔内というのは薄い粘膜で覆われていて、細菌の感染から常に防げるようになっています。また食べ物や飲み物を抵抗無く中に入れられるようにする働きもしていますので、こういったことが原因であまりがんにはならないのではないかと言われているくらいです。

スポンサーリンク


しかしながら、飲酒や喫煙というのはその大切な粘膜を破壊してしまう可能性を秘めているのです。これが無ければ常に刺激を受けるようになるので、それによって細胞ががん化してしまうのではないかと言われています。

中でも関係しているのがタバコです。口腔に直接煙が入るので、刺激がダイレクトに伝わってきます。これが続くことによって粘膜が破壊され有害物質からの刺激を受けていくのです。

すぐには破壊されませんが、長期的なタバコで少しずつ破壊されていき大変な事態になるのではないかと考えられています。

 

歯並びの悪さなども関係している

舌癌が発生する主な原因や特徴とは?

細胞がどうしてがん化するのかハッキリとしたことは分かっていません。突然変異をして自己増殖を繰り返すようになり、そこが腫瘍となって膨れていくという経緯を辿るのですが、その理由で考えられているのが慢性的な刺激です。

常に同じ場所が長期間刺激を受けることによって、傷ついた状態が長く続きます。これによって細胞ががん化するのではないかということです。

スポンサーリンク


舌癌の原因も同じことが言えるのではないかと考えられています。つまり、歯並びが悪く同じ舌のところに慢性的な刺激を受けることになり、そこがちょっとずつ傷がついていき、ある時を境にして癌になるというのです。

また同じように金歯や合わない入れ歯なども舌癌の原因になりうると考えられています。口腔内のちょっとしたトラブルが長く続くことによよって色々な症状が発生するので、できるだけ清潔に保っておくことは大切なのです。

 

刺激の強い食品を摂取

舌癌が発生する主な原因や特徴とは?

舌癌の原因として最近浮上しているのが、刺激の強い香辛料や酸味・アルカリ分の強いものなどの過剰摂取というのも影響しているのではないかとの見方が強いです。

こういったものも粘膜を弱らせて破壊する動きがあるのでがんになる原因として考えることができるようです。

 

引き続き、「ガンの症状・原因」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

舌癌が発生する主な原因や特徴とは? がん検査キット!自宅で簡単にガン検査しよう

-舌癌

Copyright© 【癌】ガンの症状や原因まとめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.