子宮癌

子宮頸がんの再発を防ぐには原因を探ることが大事だった!

投稿日:

子宮頸がんの再発を防ぐには原因を探ることが大事だった!

女性特有の病気といえば、乳がんが挙げられます(発症率第1位)

そして第2位の発症率なのが子宮頸がんです。

20~30歳代の若い女性たちに急増している子宮頸がんの原因は、遺伝によるものではありません。実は性交渉の経験がある女性であれば、誰が発症してもおかしくないのです。

ここでは、そんな子宮頸がんの原因や再発の可能性について考えてみたいと思います。

 

子宮頸がんの原因は解明されていた!

子宮頸がんの再発を防ぐには原因を探ることが大事だった!

こんなにも多くの女性を発症させる子宮頸がんですが、実は原因は解明されています。実はヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルス感染なのです。

ではヒトパピローマウイルス(HPV)とは、一体どのようなウイルスなのでしょうか。

ヒトパピローマウイルス(HPV)には100種類以上のタイプがあり、そのタイプの中に約15種類の発がん性物質があるのです。そして、皮膚粘膜と皮膚粘膜が接触する(性交渉)ことによって感染するウイルスです。

さらにヒトパピローマウイルス(HPV)の怖いところは、全女性の80%が一度は感染しているといった報告(データ)があることです。いうなれば、ほとんどの女性が子宮頸がんを発症する恐れがあるということを意味します。

子宮頸がんの原因とされるヒトパピローマウイルス(HPV)ですが、それを防ぐ方法はあるのでしょうか。

スポンサーリンク


例えば皮膚粘膜の接触といえば性交渉が挙げられますが、コンドームを装着することが有効な方法として挙げられます(しかし、完全に防ぐことはできません)。

ちなみにヒトパピローマウイルス(HPV)を完全に防ぐことはできませんが、子宮頸がんを予防することもできます。それはワクチン接種と検診です。

ワクチン接種をすることで、子宮頸がんの原因そのものを予防する…。

定期的に検診を受けることによって、早期発見を目指す…。

そして子宮頸がんを完全にシャットダウンできなくても、ある程度の確率で防ぐことができるということも…。

 

子宮頸がんの再発は自覚症状からわかる

子宮頸がんの再発を防ぐには原因を探ることが大事だった!

子宮頸がんは、再発する可能性を持つ病気です。そして再発すれば、転移の可能性も考えなくてはなりません。

例えば骨盤リンパ節に再発してしまうと、全身に転移することになります。だからこそ私たちは子宮頸がんの再発に備え、自覚症状を見極める必要があるのです。

 

異常なオリモノ(性器からの出血)

子宮頸がん(子宮頚部)が再発すると、オリモノの出血が増え(ピンク色/茶褐色)異様な悪臭を放つようになります。

 

痛みやしびれ

再発が骨盤/骨にまで及んだ場合、腹部に激しい痛みや何ともいいようがない痺れを感じるようになります。

スポンサーリンク


血尿/血便

再発が骨盤(膀胱)にまで及んだしまうと血尿を発症し、さらに直腸まで進行すると血便を発症します。

 

終わらない咳

再発によって肺にまで転移が拡大した場合、いつになっても咳が止まらなくなります(風邪の症状とは違う咳)。

 

水腎症(すいじんしょう)

再発による転移は、排尿障害を引き起こす場合があります。その症状の1つに水腎症があります。(※水腎症…腎臓に尿が溜まり続ける病気で、水腎症が重篤な症状になると腎不全を引き起こす可能性があります。)

上記に明記した自覚症状を日頃からチェックすることによって、子宮頸がんの再発を予防することができます。

ちなみに再発は、子宮頸がんに限らず同じような自覚症状を発症します。

引き続き、「ガンの症状・原因」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

子宮頸がんの再発を防ぐには原因を探ることが大事だった! がん検査キット!自宅で簡単にガン検査しよう

-子宮癌

Copyright© 【癌】ガンの症状や原因まとめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.