子宮癌

子宮頸がんの原因は恐ろしかった!ウイルスが関係している理由とは?

投稿日:

子宮頸がんの原因は恐ろしかった!ウイルスが関係している理由とは?

子宮頸がんの原因としてあげられるものの一つとして、発がん性ヒト・パピローマウイルスの感染が言えます。

大抵の場合、免疫力によって排除されますが、そうならない事もありますので、早めの発見や治療によって解決を試みるようにして下さい。

今回は、子宮頸がんの原因にウイルスが関係している理由についてご紹介していきます。

 

子宮頸がんの原因はウイルスの可能性もある?

子宮頸がんの原因は恐ろしかった!ウイルスが関係している理由とは?

子宮頸がんが発生するのは、性行為による発がん性ヒト・パピローマウイルスと呼ばれるHPVというウイルスが原因で起こります。

HPVは150を超える種類がありますが、必ずしも性行為があった事によって感染するということではなく、誰しも感染する可能性があるということが言えるでしょう。

このウイルスががんを発生させる中心的な原因となるのですが、ウイルスに感染したとしてもほとんどの場合は免疫力によって、体内から排除されるようになっています。

スポンサーリンク


しかし中にはウイルスを排除出来ない場合もあり、その割合としては約10人に1人と高い可能性で起こるケースがあります。

排除せずに感染すると長期間にかけて発症が続き、数年間の期間を経て子宮頸がんへと進行していくことも少なからずあるでしょう。

実際に感染があり、頸部にある細胞に異変があったとしても、その後にHPVが消滅することで異変が解消されていたというケースも、決して珍しいものではありません。

子宮頸がんは特定の条件を満たす誰かが、かかりやすいという場合があるのではなく、誰しも細菌などの悪さによって引き起こす可能性がある疾患と言えます。

 

子宮頸がんの原因に対してどのような対策をうつ?

子宮頸がんの原因は恐ろしかった!ウイルスが関係している理由とは?

子宮頸がんが起こる原因には細菌が挙げられ、性行為の経験がある女性であれば、誰しも引き起こすケースがある症状です。

それである一方でこの症状は、予防をする事が出来る事も言えるので、早期発見がとても大切な要素として挙げられる疾患です。

がんとして発生させてしまう方の大きな要因としては、やはり定期検診を受けていない方が大半を占めると言っても過言ではありません。

スポンサーリンク


頸部に異型成が見られると、その後にがんになってしまう可能性がありますが、その段階であれば十分に治療がきく状態と言えます。

つまり感染してしまう事はよくあるものの、定期検診を受けていればこのがんは高い可能性の上で予防が出来るものでしょう。

ウイルスにかかるのは、性行為の経験がある女性の80%もの割合で、一生のうちに一度は経験する可能性があると言われているものです。

原因はほとんど分かっている疾患でもあるため、未然に防ぎたいという事であれば定期的に検診を受けるようにしておく事が将来の自分の身体のためになります。

 

引き続き、「ガンの症状・原因」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

子宮頸がんの原因は恐ろしかった!ウイルスが関係している理由とは? がん検査キット!自宅で簡単にガン検査しよう

-子宮癌

Copyright© 【癌】ガンの症状や原因まとめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.