子宮頸がんが再発する可能性はどれぐらい?転移しやすい部位とは?

子宮頸がんが再発する可能性はどれぐらい?転移しやすい部位とは?

子宮頸がんが再発するときは、治療からその先2年間は可能性があるとされています。

再発には同患部のほかにも、骨や他の臓器の可能性もあり、臓器に転移している場合には末期と言われる状態である場合があります。

定期検診による早期発見が重要なので心がけて下さい。

今回は、子宮頸がんが再発する可能性と転移しやすい部位についてご紹介していきます。

 

個人差がある治療効果と将来のリスクとは?

子宮頸がんが再発する可能性はどれぐらい?転移しやすい部位とは?

子宮頸がんに関わらず、がんと呼ばれる疾患には、再発の可能性はつきものであると言えます。

頸部に出来るがんも同様に言えることで、治療してからその先2年間までは、再度発症してしまうケースがあるとして考えられています。

子宮頸がんが再発する可能性のある部位としては、仮に患部を摘出したとしても同じ局所が多く、臓器があった場所に発生することがあるでしょう。

また、患部を摘出せずに回復されたという場合には、同じ場所に出来たり膣壁や傍子宮組織に出来たりする場合も、決して珍しくありません。

スポンサーリンク


ほかにも子宮頸がんは、患部周辺ではなく肝臓や肺といったような、元の患部から離れた場所にある臓器に、転移するといったケースも過去の事例から見られています。

なので始めに見つかった段階で治療を行ない、回復が見られたとしてもその後は医師の指示に従い、その先2年間は定期的に検診を受けるようにして下さい。

例え再発によるものだったとしても、早めに発見出来る方が被害は少なく済む事がありますので、いずれにしても早期発見がとても重要になると考えて間違いありません。

 

再度発生する可能性のある部位とは?

子宮頸がんが再発する可能性はどれぐらい?転移しやすい部位とは?

子宮頸がんは治療をして完全に治したとしても、再発という形で症状が現れてしまう事があります。

再度がん細胞が出てくる場合がある部位としては、肺や肝臓、そして同じ患部などの部位に現れる事があります。

肝臓などの他の部位に遠隔転移が再発という形で起こる割合としては、16%程度あるとされていて、至急周辺の組織に出来る可能性としては、約76%と高い割合を秘めているので油断出来ません。

スポンサーリンク


始めは少しでも早めの段階で見つけて、尚かつ治療によって対応する事が出来たとしても、再度発生した際には遅れて見つかる可能性もあります。

この臓器に起こるがんに関しては早期発見によって、治療や回復に関して全くの違いが出てくる事となりますので、治療が完了したあとも、定期的な検診がとても大切になるでしょう。

一番始めに発見したがんの疑いを解決したとしても、その先2年間は今まで以上に慎重に検診を行なってもらうように、定期検診を受けるようにするようにしましょう。

症状を長らく放置してしまうと患部の一部摘出や、最悪の場合全摘出という可能性も出てくるので、そのような結果にならないためにも、検査に対する意識を高めておいて下さい。

 

引き続き、「ガンの症状・原因」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

子宮頸がんが再発する可能性はどれぐらい?転移しやすい部位とは? がん検査キット!自宅で簡単にガン検査しよう