子宮頸がんの妊娠の可能性!子宮頸がんになったときの注意点とは?

子宮頸がんの妊娠の可能性!子宮頸がんになったときの注意点とは?

子宮頸がんになると妊娠が出来ないと考えられる場合がありますが、一概にそうと決まった事ではありません。

症状が進行すると患部を摘出する手術を行ないますが、早期発見から治療に移れると、摘出手術を行なう必要がない場合があるので、十分に妊娠の可能性があります。

今回は、子宮頸がんの妊娠の可能性と注意点についてご紹介していきます。

 

子宮頸がんの病状によっては妊娠する場合もある

子宮頸がんの妊娠の可能性!子宮頸がんになったときの注意点とは?

子宮頸がんはある程度病態が進行してしまうと、患部の一部を取り除いたり、最終的には全て取り除かれたりする場合があります。

女性にとって心身ともに、ショックを受けてしまうことではありますが、全摘出となると妊娠することが出来なくなってしまう事も珍しくありません。

それはがんがある程度進行し過ぎてしまった場合に限り、ある程度早めの段階であれば摘出施術はしないのに加えて、病変した細胞の一部のみ摘出するといったケースもあり、その場合には妊娠や出産をするのは十分に可能でしょう。

スポンサーリンク


よく、子宮頸がんになってしまったら、妊娠が出来ないと考えられる場合がありますが、一概にそうと定まったものではありません。

病態が初期段階であれば臓器の温存手術が出来るので、摘出することはなく子供を作れる身体を保てるでしょう。

そういった将来的にも、子供を授かることが出来る身体を残すためにも、定期的な検診を行なって早期発見が出来る様にしておくのがとても大切なのです。

この疾患は初期段階には自覚症状がないため、検診を受けなければ異変がある事に気づくのが難しくなっています。

 

妊娠したくても子宮頸がんの症状を放置すると妊娠の可能性が低くなる

子宮頸がんの妊娠の可能性!子宮頸がんになったときの注意点とは?

子宮頸がんになると子供を作ることが出来ないという場合もありますが、必ずしもそうとは限ったものではないのがこの疾患です。

実際に疾患を患ってしまった女性の多くが、出産を成功させているという事例は多数ありますので、がんが見られたからといって完全に諦める必要はありません。

ですがあまりにもがんが進行してしまうと、患部を摘出してしまわなければならないといった、最悪のケースも中にはあるでしょう。

スポンサーリンク


一方で早めの段階で病態に気づけるようになると、患部の一部を摘出するどころか、そこまで深刻なものもなく治療によって解決する事が可能になっています。

子宮頸がんの初期症状は、自覚できる様な事が現れないという事があるので、気づかないうちに病態が進行しているというケースももちろん少なくありません。

しかし症状を気づかないまま放置してしまうと、それこそ妊娠に困難が生じる身体になってしまいます。

子宮頸がんの症状は定期的に検診を受ける事によって、初期段階で症状を食い止める事が出来るので、1年に一回でも検査を受けるように意識しておいて下さい。

 

引き続き、「ガンの症状・原因」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

子宮頸がんの妊娠の可能性!子宮頸がんになったときの注意点とは? がん検査キット!自宅で簡単にガン検査しよう