子宮癌

子宮体癌の症状と検診について!すぐにチェックしよう

投稿日:

子宮体癌の症状と検診について!すぐにチェックしよう

近年、女性の間で急増している癌があります。それが子宮体癌です。

胎児は子宮内で大きく成長してこの世に生を受けるのですが、子宮体癌はその子宮の内側(子宮内膜)に発症する癌をいいます。

一体どのような症状を引き起こすのでしょうか。

 

子宮体癌の症状について

子宮体癌の症状と検診について!すぐにチェックしよう

症状としてわかりやすいのが、月経とは全く関係がない時期に起こる不正出血/オリモノの増加/排尿時の痛み/性行時の痛みなどが挙げられます。

ちなみに初期症状として…不正出血/オリモノ。

子宮体癌が進行し始めた症状…排尿時の痛み/性行時の痛み(下腹部痛)

そしてこの中で、特に気を付けて頂きたい症状が不正出血です。

例えば閉経後、長期間にわたって少量の出血があったとします。

スポンサーリンク


「閉経直後だから、ホルモンバランスの乱れで出血しているに違いない。」と、自分勝手な思い込みをしてはいけません。何故なら、その不正出血が子宮体癌の症状だからです。

とにかく上記に明記した症状が続くようであれば、すぐに産婦人科で受診することをお勧め致します。

ちなみにそうした症状が発症していなくても、産婦人科で定期的な受診をすることは必要です。自覚症状だけに頼ってしまうと、進行を見過ごしてしまう可能性もあるからです。

早期発見さえすれば、必ず治る病気です。だから手遅れにならないためにも、定期検診を受診しなければならないのです。

 

子宮体癌の症状をチェックしよう

子宮体癌の症状と検診について!すぐにチェックしよう

必ずしも自覚症状があるわけではありません。しかし症状の中で不正出血を発症した場合、「本当に癌だったらどうしよう。」「どうしても仕事が忙しくて休めない。」といった不条理な屁理屈を考えている余裕はありません。

絶対に、子宮体癌の検診を受診してください。検診を受診することが自分自身の利益…つまり、健康に繋がるチャンスを得たことになるからです。

そしてきちんと検査をして異常がないとわかれば、すべての不安を払しょくすることができます。ではどのような検査法があるのでしょうか。

スポンサーリンク


まず子宮体癌健診で、陰性/陽性をチェックします(血液腫瘍マーカー)

そして陰性が出たなら問題はないのです陽性・疑陽性が出た場合、さらに詳しく検査をするため子宮内膜組織診を行います

 

子宮内膜組織診

子宮内膜を削り厚みを調べたり、異常の有無を検査します。

子宮内膜組織診の結果、単純子宮内膜増殖症であれば様子見ということで、これ以上、子宮体癌らしき細胞が進行しないように薬物治療を行います。(ちなみに子宮内膜組織診は少し痛みを伴い、少量の出血も続きます。)

しかし複雑型異型内膜増殖症だった場合、発症している恐れがあるため、子宮内膜全面掻爬(そうは)という手術を受けることになります。

 

子宮内膜全面掻爬

子宮内膜を掻き出して、癌細胞の有無を徹底的に検査します。

引き続き、「ガンの症状・原因」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

子宮体癌の症状と検診について!すぐにチェックしよう がん検査キット!自宅で簡単にガン検査しよう

-子宮癌

Copyright© 【癌】ガンの症状や原因まとめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.