膵臓癌

膵臓がんが発生する主な原因とは?

投稿日:

膵臓がんが発生する主な原因とは?

人間は痛みや異常を感じ取ることで、自分の体の健康チェックができるようになります。そして睡眠や活動をしている時でも自己治癒能力を発揮して治すことができるので、高い機能を保持しています。

そんな中、がんと呼ばれる病気は異変を察知することが難しいのです。何故ならば、痛みを伴うような場所に転移する頃にはすでに末期であることが多いからです。

スポンサーリンク


臓器は自ら声を出すことが出来ないと言われるほど感覚が鈍いのです。その中でも膵臓はさらに顕著で、この部分のがんともなると自分ではほとんど気付きません

ではこのがんの発生原因にはどんなことが考えられるのでしょうか?この点について考えていきたいと思います。

 

食生活の変化が一因?

膵臓がんが発生する主な原因とは?

膵臓がんについての研究は古くから続けられています。何故ならば、この臓器はインシュリンを出したり、すい液という消化液の生産などを担う非常に大事な臓器だからです。

十二指腸潰瘍の脇に管で繋がったような状態にあり、体の置く深くにその場所があるので検査でも発見するのが難しいと考えられています。

ホルモンの一種とされているインシュリンは、血糖値の調整をする働きがあるので、この臓器が弱ってしまうと働きが鈍くなります。そうすると糖尿病の危険性というものが高まってくるのです。

スポンサーリンク


では何故膵臓がんが発生するのでしょうか?その原因はほとんど解明されていないというのが現在の見解です。

何故この場所でがん細胞が活性化されるのかというのは長年研究されてはいますが、確実に言えることというのはまだまだ分かっていないというのが現状です。

ただ、ひとつの原因として考えられているのが「食生活の変化」です。日本は本来和食が中心でしたが、欧米文化が入ることによって食生活は大きく変わってきました

肉中心でパンも食べるようになるなどの変化で、高たんぱく、高脂質の食事が多くなってきたのです。もしかしたらこれが発生する起因になっているのではないか?と言われています。

 

こまめに検査をするしかない

膵臓がんが発生する主な原因とは?

膵臓がんは発生する原因というものがちょっと分からない部分が多いので、どこに気をつければ良いのかが不明です。では対策のしようがないかと言えばそうではありません。まずは定期的に検査を受けるようにします。

そして胃の不快感や食欲不振などが長く続くなどした場合には、より注意深く見守り治らないようでしたらすぐに検査をしてみましょう。

胃や十二指腸に密接に膵臓は関係しているので、自覚症状としてはその周辺に現れます。

また健康的な生活や食生活の見直しなどをしていきましょう。糖尿病になるということは、すい臓の機能が衰えていることに起因します。

ということは発症させないようにするべきなので、適度な運動と規則正しい生活を心がけるなどしていくことが大切です。

このがんは転移するまで自覚症状が無いと言われているのでとても危険です。早めの発見が根治へと繋がりますからそこを意識しておきましょう。

 

引き続き、「ガンの症状・原因」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

膵臓がんが発生する主な原因とは? がん検査キット!自宅で簡単にガン検査しよう

-膵臓癌

Copyright© 【癌】ガンの症状や原因まとめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.