食道がんが再発する可能性は一体どれぐらいあるのか?

食道がんが再発する可能性は一体どれぐらいあるのか?

人間は生きていればそれなりの病気はしますし、怪我もします。そんな時は病院にお世話になることも多いでしょう。高齢者になれば若い時には想像もしていないほど病気になりやすいといわれているので、心配している人は多いです。

そんな中、がんは常に死亡原因の1位となっている恐ろしい病気で、少し前までは「不治の病」なんてことが言われていました。

スポンサーリンク


現在は少しずつ完治することもありますが、それでも発見が遅れたりすれば生存率は下がってしまうのです。

今回は食道がんの再発について見ていきます。一度治ったと思っても、細胞がまだ残っていることで再び発症してしまうのですが、これはありえるのでしょうか?調べてみました。

 

わずかに残っていても増殖する

食道がんが再発する可能性は一体どれぐらいあるのか?

がん細胞は極めて協力で、わずかの量でもすぐに増殖できるので、目に見えない量を摘出できなかった場合でもすぐに量産してしまうので、再発という形になります。

この増殖力の高さが、がんという病気のもっとも怖いところであり、完全に無くすことは初期であれば可能ですが、これが転移ともなると大変になる訳です。

そもそも食道がんとは、気管と分岐点から胃の入り口をつなぐ一本のパイプ状の臓器にできるものを指します。そしてこの気管はそこまで痛覚などを発生させないので、自覚症状がでにくいのです。

スポンサーリンク


熱い食べ物や冷たい飲み物などは、飲み込めばその感覚は無くなります。これは食道にそもそも感覚が存在しないからです。

このがんは転移せずにその場で進行するような場合ですと、ほとんど自覚をすることがなくなりどんどん浸潤していき、リンパ節などに転移するようになります。そうすると他臓器へと移りますから、ここで自覚症状が出てくるのです。

このようにわずかな量でもすぐに増殖し、そして元々感覚が無い気管ですから、発見が遅れるということが再発に繋がっていると考えられているのです。

 

リンパ節や喉をやられる

食道がんが再発する可能性は一体どれぐらいあるのか?

食道がんが一度治ったとしても、実は再発することがとても多いと言われています。それだけ発見するのが難しい場所というのもありますが、他臓器への転移というのがわりと早く進むということも挙げられます。

最初に移動するのが、前項でも記述したようにリンパ節ですが、それ以外ですと喉です。ここに転移し、そこも除去したけれども再発してしまう場合が往々にしてあるのです。

こうなると、手術は無理ですから、投薬などをしてがん化するのを抑えるしかないのです。

このように食道がんは再発をする確率が他のがんに比べてけっこう高いことが分かっています。自覚症状が無いので、早期発見という訳にもいきませんし、そこで切除できたとしても目に見えないほどの小さな塊でもあったら、すぐに再度発生してしまいます。

そのため、定期的に検診を受けるなどして、異常をすぐに発見できる環境を整えておきましょう。そうしておくことで、このがんもそれほど恐れるものではなくなりますので。

引き続き、「ガンの症状・原因」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

食道がんが再発する可能性は一体どれぐらいあるのか? がん検査キット!自宅で簡単にガン検査しよう