前立腺癌

前立腺がんにおける自覚症状を理解しよう!

投稿日:

前立腺がんにおける自覚症状を理解しよう!

がんの中でも男性にのみ発見されるのが前立腺がんですね。若い人にはほとんど発症せずに高齢者中心にこの病気で苦しんでいる人が多いというのが特徴です。

では自覚症状などはあるのでしょうか?普段の生活において異変を感じることができたら、すぐに診察をしてもらい腫瘍があるかどうかを判断できるので、根治できる可能性が広がります。どんな症状があるのかを調べてみました。

 

痛みを伴うものは少ない

前立腺がんにおける自覚症状を理解しよう!

前立腺がんにおける自覚症状の特徴は「痛みを伴わない」ということです。この部分そのものが痛みを発生させにくい場所というのもありますので、最初は痛みというよりも小水に関しての問題というのが浮き彫りになります。

代表的なのが、排尿困難です。尿を出すことが難しくなり、方向が定まらなくなったり出にくくなることがあります。突然として発生し、それが長く続くようでしたら危険なサインです。

スポンサーリンク


そして頻尿や残尿感というものが強く出るようになります。こういった症状が一時的であれば問題ないのですが2週間以上続くような場合は自覚症状として考えて早めに病院に行くのがよいでしょう。

さらに尿意切迫という状態になったら、前立腺がんを疑ってみましょう。これは尿意を感じてトイレに行くまで我慢できない状態で漏らしてしまいます。

スポンサーリンク


今までそんなことは一度も経験したことが無いのに、急に始まり収まる気配が無いということでしたら、一度受診するべきです。

このように痛みを伴うものは少ないので、「気のせいか」と安心してしまうのが危険なのです。このサインをどうにかして見逃さないようにするのが大切です。

 

通常は骨への移転による違和感で発覚する

前立腺がんにおける自覚症状を理解しよう!

前立腺がんは上記のように自覚症状がわかり難いので、早期発見がとても難しいです。定期的に検診をしている人であれば異常があればすぐに気付くことができますが、それ以外の場合では簡単に発見することはできませんので、厄介なのです。

自覚症状として腰や足の痛み、そして歩行が困難になるなどが発生してから気付くというケースが実はとても多いのです。しかしこの場合はすでにがん細胞が骨へと転移している状態になるので、根治をするのが難しくなります。

骨への移転はこのがんが最初に発生するものとして有名で、他では最後の最後に発生する場所です。自覚症状がないということは、治療が難しいということですから、放置しておくワケにはいきませんが、それが分からないというむつかしい関係になっているわけです。

引き続き、「ガンの症状・原因」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

前立腺がんにおける自覚症状を理解しよう! がん検査キット!自宅で簡単にガン検査しよう

-前立腺癌

Copyright© 【癌】ガンの症状や原因まとめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.